最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説


1等にもビリにも違った価値がある。
3000人以上の患者・家族に希望を与えた、がん哲学外来初の箴言集

病気や苦しいことが起きて、人生八方ふさがりになっても、
ふと空を見上げれば、天は誰にでも開かれています。

人生は相対的なもの。たとえ先頭を走れなくなって、周回遅れになっても、 ある人から見たら先頭を走っているように見えるのです。
遅くなっても、人として品性があればいいじゃないですか。
必死の形相で先頭を走り抜けるのもよいけれど、余裕をもってにこやかに走り続けるのも立派です。

言葉の処方箋で患者や家族に病気に立ち向かう勇気と希望を与え、
海外からも注目される「がん哲学外来」の初の箴言集。

第1章 苦しみは乗り越えられる
第2章 病気は必ずしも悪いことばかりじゃない
第3章 あなたの命は自分のためのものじゃない
第4章 寿命は「ほっとけ」
第5章 患者・家族とのつきあい方
第6章 人生をよりよくする学び

©樋野 興夫、幻冬舎 (P)2019 Audible, Inc.

病気は人生の夏休み がん患者を勇気づける80の言葉に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。