最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

本当は恐ろしい 世界の名家

ナレーター: 楠木 華子
再生時間: 4 時間 28 分
カテゴリー: 歴史・地理研究, 世界史
1 out of 5 stars (1件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

内容紹介

誰もが知っている、あの名家の闇に迫る
世界には、誰もが一度はその名前を耳にしたことがある「名家」が存在する。
しかし、彼らが手にした成功の裏には、人に知られたくない闇が存在することもある。
なかには大きすぎる成功の代償として、闇に飲み込まれてしまった人もいる。

本書では、そんな世界の名家にまつわる話や、知られざるエピソードをまとめた。
名家の歴史を眺めることで、世界史の「もうひとつの顔」を知ることができるだろう。

目次
まえがき
1章_恐ろしい過去を持つ名家

・ヨーロッパの名家中の名家 ハプスブルク家
・世界を跨ぐ金融ネットワーク ロスチャイルド家
・郵便配達からスパイに転身 タクシス家
・処刑がお家芸のイギリス王家 テューダー家
・次々と殺されたスコットランド王 ステュアート家
・英王室との確執を抱える アル・ファイド家
・世界の石油を牛耳る一族 ロックフェラー家
・ウォール街の「最高神」に連なる一族 モルガン家アメリカの兵器産業を率いた デュポン家
・名門一家を襲う死の連鎖 ケネディ家
2章_恐ろしい人物を輩出した名家

・ローマ教皇を味方につけた一族 メディチ家
・串刺しによる恐怖政治をした ヴラド家
・問題のある人物が多かった名家 バートリ家
・病んだ王を多出した一族 ヴィッテルスバッハ家
・清朝を滅亡させた西太后の血筋 エホナラ家
・独裁者とグルになって稼いだ一家 コファンコ家
・マフィアまがいの王子がいる王家 サヴォイア家
・有名ブランドをめぐる内紛と殺人 グッチ家
・テロリストを生んだ名家 ビン・ラディン家

©2018 Rekishi misuteri kenkyukai Printed Japan

カスタマーレビュー

総合評価

  • 1 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

ナレーション

  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 1 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。