最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

本当は怖い京都の話

著者: 倉松 知さと
ナレーター: 楠木 華子
再生時間: 6 時間 33 分
4 out of 5 stars (3件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 3,000
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

<内容紹介>
「日本に、京都があってよかった」
そんな広告コピーがあるくらい、京都は日本中から愛されている都市だ。しかし、目で楽しんだだけでは、京都の真の魅力は表れてこない。京都の歴史、それも影の部分を紐解くことで、ガイドブックでは見られない雅の都のもうひとつの顔が明らかになる。
本書では、京都歩きの際、つい忘れがちな歴史の闇や、不思議な伝説などを4つの分野にわたって語り尽くした。ぜひ行った事のある所、興味のある人物など、お好きな所から読み始めてもらいたい。そして、また京都に行って、この地に何層にも重なった歴史の魅力に想いを馳せ、その隠れた魅力を、自らの手で掘り出したいと感じてもらえれば幸いだ。

<目次>
はじめに

第一章 あの有名観光地の怖い話
1 清水の舞台から飛び降りた人々
2 深い深い学問の神様の恨み
3 三十三間堂で行われた壮絶な戦い
4 弥勒菩薩像の妖しい微笑み
5 貴船神社は恋のパワースポット?
6 三条河原に並んだものとは
7 振り向くな!嵐山の渡月橋
8 彦九郎像は誰に謝っているのか?
9 祇園祭は何のためのお祭り?
10 京都御所を動物園にした男
11 木屋町通りは暗殺ストリート
12 「大文字焼き」と呼ぶ事なかれ

第二章 その時、京都で歴史が動いた
13 応仁の乱、そのはじまりの地
14 宣教師は見た!本能寺の変
15 ワケあり建材の裏に忠臣あり
16 家康の執念 方広寺鐘銘事件
17 忠臣蔵 討ち入りは京都で決めた
18 六角獄舎で流転した男たちの運命
19 御用改めである!池田屋事件
20 坂本龍馬暗殺現場は今

第三章 千年の都の不思議な住人たち
21 新島八重が例えられた怪物 鵺
22 恋塚寺に伝わる悲しい伝説
23 あの世との境界線 六道の辻
24 剣豪 宮本武蔵の怪しい足跡
25 現代に息づく土蜘蛛退治伝説
26 数々の逸話が伝わる一条戻り橋
27 三年坂で転んでしまったら?
28 怨霊を鎮める場所だった神泉苑
29 魂が宿った人形 万勢伊さん

第四章 本当に怖い京都の話
30 こんなにある京の縁切りスポット
31 元和キリシタン殉教の石碑
32 時代祭りに参加できない新選組
33 百鬼が夜行した妖怪ストリート
34 悲しい鐘の物語 報恩寺
35 千本通りは何が千本あったのか?
36 京都にもあった都市空襲
37 実は原爆投下目標都市だった京都
38 タクシー怪談発祥の地 深沼池
39 皇室が最も恐れた怨霊とは?

おわりに

<倉松 知さと(くらまつ・ちさと) >
フリーライター、日本旅行作家協会会員。
NHKで京都情報番組のキャスターを務めた後、『プロジェクトX』、『NHKスペシャル』リサーチャー、『その時歴史が動いた』リサーチャー、ディレクターを経て、京都の民放にてポッドキャスト番組『Podcasting京都』の企画、取材、構成、キャスター、連動HP『京都きらめき紀行』の執筆、写真を担当。
近年は、京都、歴史ライターとして雑誌『歴史人』(KKベストセラーズ)、『関西ウォーカー』(角川マガジンズ)、JR西日本観光パンフレット『京都散策』などで執筆。Dまた京都、歴史案内役としてテレビ、ラジオ、トークイベントなどにも出演。趣味は歴史散歩と美味しいもの巡り。若干鉄分多め。
©2015 Chisato Kuramatsu

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
レビューはまだありません。