最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

新訳 道は開ける

ナレーター: 古谷 徹
再生時間: 18 時間 9 分
5 out of 5 stars (2件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 4,000
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

「人はどうやって不安を克服してきたか」永遠とも言えるテーマに、多くの人の悩みと向き合ってきたカーネギーが綴る、現代にも通ずる「不安、心配、悩み」の克服法。名著『道は開ける』の新訳文庫版。
©Simon Tauchi 2014

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
並べ替え:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • ひなりさ@すま留
  • 2019/05/05

「安室さんだから聴いているんですか?笑」

と、部下に笑われながら聴いていたコンテンツ。

そう、興味を持ったきっかけは、ご本人のツイートと古谷さんが演じている某名探偵アニメの喫茶店のお兄さんであることは間違いない。。。笑

それを部下に知られているもの少し恥ずかしいが。笑

カーネギーと古谷さん、キャラクターやご本人の普段の発信してくださる情報などで、古谷さんご本人がどんな方なのかを想像している限りだが、果たしてこの「2つ」は、いったいどんな感じになっているのか、そこにも興味と期待があり、予約のうえ早速聴いてみた。

前半部分よりも、後半部分の内容が、わたしにとっては、心に響くものがちらほらあった。今年は自分にとって、年始めより、懐かしくも新しいことが始まったり、自分自身が納得していないことがあったりというスタートをきって、不安だらけの毎日を過ごしている真っ只中で「不安」についてのテーマだったからである。

具体的にどのように克服をしていったかなどを聴いているうちに、「自分もそうやればよいのかもしれない」と思える方法だったり、考え方だったりがあった。

冒頭にもあったように「月1回は読み返す(聴き返す)」ようにしていきたいと思える1冊だと思う。

そして、意外にも、某キャラクターたちとはまた違った雰囲気の古谷さんの声が聴けてよかったと思う一冊でした。

友人にもオススメしてみようと思います。

5人中2人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。