最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「人はどうやって不安を克服してきたか」永遠とも言えるテーマに、多くの人の悩みと向き合ってきたカーネギーが綴る、現代にも通ずる「不安、心配、悩み」の克服法。名著『道は開ける』の新訳文庫版。
©Simon Tauchi 2014 (P)- KADOKAWA

新訳 道は開けるに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    122
  • 星4つ
    25
  • 星3つ
    9
  • 星2つ
    4
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    101
  • 星4つ
    19
  • 星3つ
    7
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    84
  • 星4つ
    29
  • 星3つ
    8
  • 星2つ
    4
  • 星1つ
    4

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2020/12/26

アメリカ人の考えと物の見方の本

八章まで聞いた。四章まで読んで筆者の考えに共感できないなら読むのを止めたほうがよい、と筆者自身が一章か二章かまでに話している。
四章まで聞いて何度も筆者につっこみを入れてましたわ。それでも何かあるのかと期待したが何のことはない、カーネギーのメソッドに近い成功例を数十挙げているという浅い本。
その背後にある分母は成功例と比べてどれほどあるのかなど一切触れていない。
確かに30歳くらいまでで、しかも能力がそこそこあり体力も問題ない人なら参考程度にはいいだろう。逆に言えば、それ以外の人にはアッそうとしか言えないしろものである。
出来ればすでにやっとるわ。

不安を取り除くには兎に角働け、深く考えて一度決断したら迷わず進め。アホかと。状況の変化次第で対応変わるわ。著者も状況は変わるものと言ってるし矛盾している。特に、兎に角働け、されば不安はなくなるという言葉の後のこと。つまり働いたあと家に帰ったらどうなる?また、働けなくなったらどうなる?という疑問には一切答えていない。恐らくそこまで思考が及ばず答えられないんだろう。

最後にこの本は謂うなら自己啓発の古典というべきものでカーネギー自身が私が最初に体系化したと語っている。
当時としてそういう未知の分野に踏み込んだことには評価できるが、自分のメソッドが正しいと思い込んでいる筆者なので、~すべきである、~である。と断定しまくりで、お前はどれほど東洋のことを知ってるのか?お前の物差しで世界を測って悦に入っているオッサンとしか思えなかった。
そのオッサンのメソッドをパクって自分が経験したことを本にしている◯◯◯ネット生命の◯口氏の本を一読し更に浅い本だと思った。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 桜姫
  • 2020/09/08

道を開く方法がいろいろある。

道を開く方法はいろいろあるのだな、うまくいかないと嘆く前に、いろいろな方法を知る努力が必要なのだなと思いました。たいへん励みになりました。
実践してゆきます。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • tkak
  • 2020/06/02

わかやすく、奥が深い。

古さを感じない、今に通じる内容がたくさんありました。耳から聴くとさらに印象が深まります。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • 星長春
  • 2019/07/23

デール・カーネギーの代表的な著書、Audibleはお得感あり。

『人を動かす』と共に、デール・カーネギーの代表的な著書。1944年の初版だが、あらゆる人が抱える「悩み」についての著書であり、内容には時を超えた普遍性がある。CD版のオーディオブックは1万円超なのでAudibleはお得感がある。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • テネレ
  • 2020/11/28

何回聞いても良い

3倍速で聞いていても、たびたび涙がこぼれそうになります。これから何十回と繰り返し聞こうと思っています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • さすけ
  • 2020/07/06

絶望やストレスに打ち勝った人たち実話の物語集

ストレスで何もできなくなった時、本を読む元気すらない時、聴くと心が回復します。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • mg
  • 2019/08/01

勇気づけられる言葉を知ることができました。

心の治療ではなく予防に良い。内容のほとんどが事例なので、読み物としての期待はしない方がいいと思います。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • ひなりさ@すま留
  • 2019/05/05

「安室さんだから聴いているんですか?笑」

と、部下に笑われながら聴いていたコンテンツ。

そう、興味を持ったきっかけは、ご本人のツイートと古谷さんが演じている某名探偵アニメの喫茶店のお兄さんであることは間違いない。。。笑

それを部下に知られているもの少し恥ずかしいが。笑

カーネギーと古谷さん、キャラクターやご本人の普段の発信してくださる情報などで、古谷さんご本人がどんな方なのかを想像している限りだが、果たしてこの「2つ」は、いったいどんな感じになっているのか、そこにも興味と期待があり、予約のうえ早速聴いてみた。

前半部分よりも、後半部分の内容が、わたしにとっては、心に響くものがちらほらあった。今年は自分にとって、年始めより、懐かしくも新しいことが始まったり、自分自身が納得していないことがあったりというスタートをきって、不安だらけの毎日を過ごしている真っ只中で「不安」についてのテーマだったからである。

具体的にどのように克服をしていったかなどを聴いているうちに、「自分もそうやればよいのかもしれない」と思える方法だったり、考え方だったりがあった。

冒頭にもあったように「月1回は読み返す(聴き返す)」ようにしていきたいと思える1冊だと思う。

そして、意外にも、某キャラクターたちとはまた違った雰囲気の古谷さんの声が聴けてよかったと思う一冊でした。

友人にもオススメしてみようと思います。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • マサヒロさん
  • 2019/05/24

初めてのオーディオブックで選びました。

もともと、デール・カーネギーの「人を動かす」を本で読んでいたので内容はためになるだろうと考えていました。が、聞くだけで?という疑問があったのも事実です。
BGMを聴く感覚で他の本を読みながら聴いていました。よく頭の中で内容がゴチャゴチャになる事はありますが、以外と頭に残っているものですね。耳だけだから何度繰り返しても嫌な感じはなく、便利だなと思いました。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • マックス
  • 2021/04/04

色々な人生が聞けて良かった。

様々な人物の不安を乗り越えてきた方法や人生が聴けて良かった。馴染みのある声でとても心地よいナレーションだった。