Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 半導体有事

  • 著者: 湯之上 隆
  • ナレーター: 大久保 利洋
  • 再生時間: 6 時間 38 分
  • 4.7 out of 5 stars (34件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『半導体有事』のカバーアート

半導体有事

著者: 湯之上 隆
ナレーター: 大久保 利洋
30日間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥3,000 で購入

¥3,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

経済安全保障の最前線!

アメリカが中国に突きつけた異次元の半導体規制。このままだと中国の半導体工場はやがて稼働できなくなる。追い詰められた中国が狙うのは、世界のトップ企業、台湾のTSMC——。世界中が半導体製造能力をめぐる競争に駆り立てられているなか、日本は再び失敗を繰り返すのか? 新会社ラピダスのいう、「2027年までに2ナノの最先端半導体をつくる」なんてできっこない!
本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、PCサイトのライブラリー、またはアプリ上の「目次」からご確認ください。

©湯之上 隆 (P)2023 Audible, Inc.

半導体有事に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    28
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    27
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    25
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
ぼっていだんなのプロフィール画像
  • ぼっていだんな
  • 2023/12/11

素人でもよくわかる半導体事情

めちゃくちゃ俯瞰的に半導体事情が見渡せてわかりやすかった。

ただ全ては机上の計算なので税金を九州TSMCに投資しても無駄と言っても、近隣の土地の値段があがったり飲食店が繁盛したりと周辺の経済効果も考慮すれば全然投資してもいいと思う。技術者不足も結局儲かる人気産業になれば一気に増える可能性もある。

あくまでデータのみ、そこから読み取れる半導体事情が良くわかる。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
匿名のプロフィール画像
  • 匿名
  • 2023/12/15

我が意を得たり

2ナノについては仰っている通りだと思います。まさに戦艦大和。マーケットは無いですよね

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
まるこのプロフィール画像
  • まるこ
  • 2023/11/30

半導体の重要さを理解できた

現在起きているアメリカと中国の覇権争い、台湾有事の危機、日本の熊本に建設される台湾の半導体工場。その本質を深く知ることができて、とても有意義な本だった

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
Amazon カスタマーのプロフィール画像
  • Amazon カスタマー
  • 2023/12/19

経験知に基づいた説得力

元は技術者であった著者。
言われてみて確かに気がつきました。
安全保障の為の半導体国産化といってみたところで、
パッケージングなどの後工程で外国に送ってしまえばその意味をなさないし、
ラピダスってそもそも2ナノの半導体を何用に作るの?
EUV露光装置が入手可能なのかどうかも怪しいし、
手に入ったところで使いこなせるのかどうかも怪しい。
これを聴けば妙に納得がいく。

ラピダスって、無理筋なんじゃ…

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
Kindleのお客様のプロフィール画像
  • Kindleのお客様
  • 2024/06/14

図もあり半導体の仕組みがわかる。

普通に良書だと思いました。
あと極めて個人的で稚拙で生意気な意見かもしれませんが、世界分業でどの国が欠けても半導体は作れない仕組みにしたほうが、日本だけが勝つとか、特定の国だけが勝つ仕組みならば、どこかで経済成長は減速するような気がします。欧米の「発想力」東アジアの「技術力」東南アジア、インドなら「価格競争力」があると思います。全体で豊かになっていく以外に持続可能性は限られていくような気もします。
あと、著者様はとても現実的、具体的で妥当な意見だと思います。ありがとうございました!

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
ユーザーのプロフィール画像
  • ユーザー
  • 2023/12/01

かなり理解しやすい

読んだ感想だが、一口に半導体と言ってもパワー半導体やロジック半導体など様々な種類があり、製造するには気が遠くなる数の材料と工程があることがわかって良かった。
そして、それと同時に暗い気分になった。日本の半導体産業は先行きが暗いからだ。
半導体の微細化は簡単にできるものではない、とのことだ。何度も試行錯誤しなければならず、また多くの優れた技術者を必要とする。
日本に台湾の半導体メーカーを誘致しても、公害に関連する材料が必要でもあり、材料が手に入らないかもしれないとわかって悲観的になった。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
マー君のプロフィール画像
  • マー君
  • 2024/04/23

内容にピッタリなタイトル

日本の半導体危機感がひしひしと感じられた。
また著者が現状を深く抉って解説しているところが素晴らしい。
日本の半導体関係者並びに政治家はこの本を読むべきだと感じた。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
ジミーちゃんのプロフィール画像
  • ジミーちゃん
  • 2023/12/07

前提知識は必要だが結論はわかりやすい

前工程の半導体製造装置に関する説明が、知識のない人からすれば不足していると思う部分がある。
例えばガスや薬液の知識などは半導体業界に携わっていたとしても知らない部分が多い、名称から特性をイメージすることは困難だが、それが省かれている部分がいくつかあった。

そして共同で分析された後工程を後述されるかと思っていたら特になく終わった。
前工程と材料分野の深堀りにフォーカスし、
最終的に2025年にPFASが不足するという結論に入ってしまった為、後工程の分析を入れ忘れたのだと思う。
筆者が前工程が専門だったから入れるつもりもなかったのかもしれないが、聞き手としては入るのかと思っていた。

ナレーションは聞きやすいが、専門用語のイントネーションに多少違和感がある。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
アマゾン二郎のプロフィール画像
  • アマゾン二郎
  • 2024/03/15

株価高騰の立役者

2024年に入り日経平均株価が史上最高値となった。その立役者となった銘柄は殆どが半導体関連であった。
作者について、また作者の主張についてはテレ東のYouTube番組を事前に見ており当書を読む前から承知していた。本書では追加でラビダスや、TMSC熊本工場の将来性見通しについてアップデートされた内容となった。
日経平均株価が急騰、最高値更新の話題はラピダスや、TMSCの進出がキッカケとなっているが、半導体の事業将来見通しが大丈夫か大変心配になる内容だった。
ただし、作者はAIや、NVIDEAの将来性について触れていないのが気になった。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
堤健治のプロフィール画像
  • 堤健治
  • 2024/05/17

日本は半導体に関わる部品で勝負

半導体の素人の私が興味本位で聞き始めましたが、半導体とは、現在の日本の半導体業界の立ち位置、世界の半導体事情が一気に学べました。

著者、湯之上氏が参院に参考人として呼ばれ、日本の半導体事情の説明を行ったyoutubeを先に視聴することをおすすめします。23分ほどですが、ユーモアも交えわかりやすかったです。

youtube視聴後に、本書を聞くとより理解が深まります。

TSMCの熊本誘致の有無に関する著者の予想、見解については…笑←本書にて解説があります。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!