最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

ダブルマリッジ The Double Marriage

著者: 橘 玲
ナレーター: 寺川 府公子
再生時間: 10 時間 16 分
カテゴリー: 現代文学
4 out of 5 stars (8件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

大手商社のエリート社員、桂木憲一は、妻、大学生の娘と幸せな家庭を築いていた。が、パスポート更新のために、戸籍謄本を取り寄せたことから、生活が暗転しはじめる。なんと、最新の謄本には、「婚姻」欄に、妻の里美と並んで、マリア・ロペスというフィリピン人女性の名が書かれていたのだ。 実は憲一は20年ほど前、マニラ赴任中に、このマリアと結婚式を挙げながら、一人で帰国したままになっていたのだった。役所に確認すると、そのマリアから、フィリピンの婚姻証明書が送られてきたため、憲一の戸籍に名前が入ったのだという。しかし、日本では重婚は認められていないはずではないか? 役所に問い合わせると、「刑法には重婚罪がありますが、民法上は、当事者からの請求がないかぎり、行政が重婚を解消する手続きは、定められていないのです」という意外な答えが返ってきた(警察が刑事罰として動くことも事実上ない)。 さらに数日後、憲一の自宅に、一通の封書が届く。中を確認した妻は悲鳴をあげた。 送られてきたのは新たな戸籍謄本で、そこには「長男」として「ケン」という名が書かれていた。 それにしてもマリアはなぜ、今になってこのような行動に出たのか――。 事実に基づく驚天動地のストーリー。
©橘玲 (P)2019 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 犬好き
  • 2019/11/11

秀逸

秀逸。家族の心の機微を淡々と描きつつ、移民政策や原発など深い視点をこれ見よがしにすることなく、さらりとストーリーに組み込み、筆力で読ませる。キャラクターが魅力的で際立ちつつ、あり得ないほど、良い人悪い人のステレオタイプや勧善懲悪でもなく、鼻白まされることもない。もっと読みたいな、と思って著者名を検索したら経済書ばかりで驚いた。秀逸。

4人中3人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • ももとび
  • 2019/11/25

ラストの部分がちょっと残念。

出張直前にパスポート切れに気づいて、一人娘が戸籍謄本を取ろうとしたところ、父親が20年前に転勤先でフィリピーナと結婚していた事実が発覚し、程なくして、そのフィリピーナとの間に息子が生まれていて、日本国籍を取得していた事が判明する。裕福で平穏だった家族の幸せが一気に壊れ始める。物語は父親と娘の視点から描かれている。場面は日本からフィリピン、最後は福島と移って行く。最後までミステリーさながらのスリリングな展開も楽しめる。ただ、ラストの部分が私には、作者の息切れみたいな終わりに感じられて、それが残念で星を1つ減らした。