宮本武蔵

4.5 out of 5 stars 94件のカスタマーレビュー

宮本武蔵 01 あらすじ・解説

吉川英治の代表作。日本人なら一度は読みたい、超骨太なエンタテイメント作品。屍ひしめく関ケ原で命からがら落ち延びた武蔵と又八。お甲・朱実母娘の世話になり一年後、武蔵はひとり故郷に戻るが、その身を追われ…。憎しみに任せ、次から次へと敵を打ち殺す野獣武蔵に対峙する、沢庵。殺めるためではなく護るための剣とは?一介の武弁が二天一流の開祖宮本武蔵に至るまで志を磨く道、ここに始まる。(全1/8巻)
Public Domain (P) 2015 Audible, Inc.
続きを読む 一部表示
  • 1

    • 宮本武蔵 01

    • 著者: 吉川 英治
    • ナレーター: 根本 泰彦
    • 再生時間: 5 時間 26 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 15
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 12
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 12

    吉川英治の代表作。日本人なら一度は読みたい、超骨太なエンタテイメント作品。屍ひしめく関ケ原で命からがら落ち延びた武蔵と又八。お甲・朱実母娘の世話になり一年後、武蔵はひとり故郷に戻るが、その身を追われ…。憎しみに任せ、次から次へと敵を打ち殺す野獣武蔵に対峙する、沢庵。殺めるためではなく護るための剣とは?一介の武弁が二天一流の開祖宮本武蔵に至るまで志を磨く道、ここに始まる。(全1/8巻)

    価格: ¥ 5,000

  • 2

    • 宮本武蔵 02

    • 水の巻
    • 著者: 吉川 英治
    • ナレーター: 根本 泰彦
    • 再生時間: 7 時間 46 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 13
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 10
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 10

    「おん身は強すぎる。もっと弱くならにゃいかん」 武蔵、このとき齢ようやく20をひとつふたつ越えたばかり。槍の宝蔵院で、天下の柳生新陰流の地で、大和の柳生の庄で、武蔵は進み続ける。 又八。城太郎。朱実。そしてお通…武蔵は進み続ける。 「……届かない!まだ、自分などには届かない人間だ」道は遠く。武蔵は進み続ける。(全2/8巻)

    価格: ¥ 5,000

  • 3

    • 宮本武蔵 03

    • 火の巻
    • 著者: 吉川 英治
    • ナレーター: 根本 泰彦
    • 再生時間: 10 時間 35 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 13
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 12
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 12

    千姫が豊臣秀頼のもとへ嫁いだ頃。死にゆく男から巾着を託された又八、おちあうお甲と祇園藤次、朱実を諦められない吉岡清十郎、猿をつれた猿のような身のこなしの美少年、仇を誓うお杉婆、そして、お通。  ・・いったい、どこへ、何を目的にして、武蔵はそんな努力をして行くのか。武蔵は誓う。――われ事において後悔せず!(全3/8巻)

    • 5 out of 5 stars
    • 吉岡先生は和製ディケンズ

    • 投稿者: カスタマー 日付: 2018/02/20

    価格: ¥ 5,000

  • 4

    • 宮本武蔵 04

    • 風の巻ー上
    • 著者: 吉川 英治
    • ナレーター: 根本 泰彦
    • 再生時間: 8 時間 27 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 8

    「――もはやその時刻」・・・抱き起された頭首すじの骨が・・・ポトポト・・・血が黒く大地に・・・吉岡清十郎・・・打つ・・・「なにか、血臭いものが眼の前へ来たようで、体じゅうの毛あながぞくとひき緊められるように恐かったのじゃ」 血染めの日々の果て、武蔵は生きる達人に邂逅する。――しかし、怨恨が怨恨をよぶ日々は続く。<編集/三好達也>(全4/8巻)

    価格: ¥ 5,000

  • 5

    • 宮本武蔵 05

    • 風の巻ー下
    • 著者: 吉川 英治
    • ナレーター: 根本 泰彦
    • 再生時間: 7 時間 30 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 10
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 8

    「潜んでいた無数の眼が、むしろ意外のように、一斉に、彼の姿へ向って光った。」「武蔵がまた、吉岡方と、三度目の試合をするというのだ」「今度という今度こそは、武蔵も覚悟のとおり、九死のうち一生も覚束なかろう。それゆえ、なおさらお通さんには会わぬ方がよいのだ」「過った!」・・・生きるとは。死ぬとは。<編集/三好達也>(全5/8巻)

    価格: ¥ 5,000

  • 6

    • 宮本武蔵 06

    • 空の巻
    • 著者: 吉川 英治
    • ナレーター: 根本 泰彦
    • 再生時間: 12 時間 50 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 11
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 11
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 11

    又八は武蔵を嫉み、お通を拐かす。面の皮だけ善人君子然とした武蔵のような奴ら「俺はその向うに廻ってやろう」…向こう側の武蔵は歩き続ける。夢想権之助、石母田外記…出会い、己を磨きゆく旅路の先で、武蔵はよい面魂をした童——伊織と出会う。師弟となり、二人、修行を始める——剣を鍬に持ち替えて。<編集/三好達也>(全6/8巻)

    価格: ¥ 5,000

  • 7

    • 宮本武蔵 07

    • 二天の巻
    • 著者: 吉川 英治
    • ナレーター: 根本 泰彦
    • 再生時間: 9 時間 2 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 11
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 11
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 11

    それぞれが、己が身に、それぞれの「野望」を秘めて。武蔵は石舟斎の息子・柳生宗矩と相対する。小次郎は将軍家剣術指南役・小野忠明と刃を交わす。又八は江戸城へと向かう。―積み上げる日々、息抜きに訪れた三峰権現で宍戸梅軒と邂逅した武蔵は、おどりとぶ鎖鎌の嵐の中、二刀流を見出す。<編集/三好達也>(全7/8巻)

    価格: ¥ 5,000

  • 8

    • 宮本武蔵 08

    • 円明の巻
    • 著者: 吉川 英治
    • ナレーター: 根本 泰彦
    • 再生時間: 11 時間 1 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 13
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 13
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 13

    関ヶ原を経て、天下は徳川の下におさまりつつあると見えながらも。野に、裏町に、真田幸村をはじめ幾たりともしれぬ臥虎がひそむ安寧からは遠い慶長の世にあって、「強さ」を極めたい小次郎。「強さ」を超えたい武蔵。宿縁の二人は、縁あるひとびとのなかで激突の時を迎えようとしていた。――そして。「……おさらば」――<編集/三好達也>(全8/8巻)

    • 5 out of 5 stars
    • 聴きごたえあり

    • 投稿者: tarotaro 日付: 2018/03/03

    価格: ¥ 5,000