8月28日、Audibleの会員特典は「オンデマンド制 (聴き放題)」から「コイン制」に変わります

検索キーワード:制作 "(株)リブラ・エージェンシー"

すべてのカテゴリー

検索結果:503件
並べ替え:
    • 月刊・中谷彰宏97「できるかどうかより、やろうとしよう。」――反復できるプロになる仕事術

    • 運に頼るから、運をつかめない。中谷流・運気向上術。
    • 著者: 中谷 彰宏
    • ナレーター: 中谷 彰宏, 久瑠 あさ美, 奈良 巧
    • 再生時間: 1 時間 2 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 2

    運に頼るから、運をつかめない。中谷流・運気向上術。 ツキが大事――誰しもそう思っていることでしょう。運がつくようにと、神社で神頼み。「棚ぼた」があればいいなあと夢想する。でも、そういう考え方が運を逃していると中谷さん。運気は鍛錬して高めていくもの。神様にお願いして得るものではありません。練習して運気を高める方法、中谷さんから教わりました。 ★月ナカ97――7つの学び ○「忙しければ、お金は貯まる。」○「パート2を想定して、仕事しよう。」○「裏設定して、テンションを高めよう。」○「高等遊民は、自分の美学と闘っている。」○「善悪で語る人は、詐欺に遭う。」○「『棚ぼた』は、後で請求書が来る。」○「反復性がないものは、実力ではない。」

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 別冊・中谷彰宏97「物語を、共有しよう。」――精神的・経済的に自立する恋愛術

    • 「情報」だから、共感できない。中谷流・「物語」共感術
    • 著者: 中谷 彰宏
    • ナレーター: 中谷 彰宏, 久瑠 あさ美, 奈良 巧
    • 再生時間: 1 時間 15 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    「情報」だから、共感できない。中谷流・「物語」共感術 モテない男性は、「情報」で語ります。この料理はどうやってつくられている。レストランの格付けは云々。この絵の価値は云々。そんな「情報」を女性は求めていません。女性が求めているのは「物語」。いっしょにいる時間をいかにして過ごすかが大事。目の前の「情報」は大した問題ではないのです。「物語」を生き切る方法、中谷さんから教わりました。★別ナカ97――7つの学び ○「死を考えるのではなく、生を考えよう。」○「気を遣わないことで、気を遣わせない。」○「強烈な思い出が永遠。」○「正論で、共感を切り捨てないようにしよう。」○「男性は情報系。女性は物語系。」○「情報系は、話が盛り上がらない。」○「空気ではなく、物語を読もう。」

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 別冊・中谷彰宏104「好きな仕事より、好きなやり方を見つけよう。」

    • 工夫からやりがいを作る人生術
    • 著者: 中谷 彰宏
    • ナレーター: 中谷 彰宏, 久瑠 あさ美, 奈良 巧
    • 再生時間: 1 時間 15 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      1 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      1 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      1 out of 5 stars 1

    ★手間暇かけるから、愛情がわいてくる。中谷流・“大物”挨拶術。★場に溶け込めないのは、なぜでしょうか。それは、“正しい挨拶”ができていないからかもしれません。“正しい挨拶”ができれば、すんなりその場に溶け込めるだけではなく、思わぬチャンスが訪れてくるものです。中谷さんの提唱する「挨拶3ヶ条」は次の通り。1.元気に挨拶する。2.知らない人に挨拶する。3.一人一人に挨拶する。「大物」ほど、挨拶3ヶ条ができていると中谷さん。大物だから挨拶がしっかりできるというのではなく、挨拶がしっかりできるから大物になったと中谷さん。挨拶の奥義、中谷さんから伺いました。★別ナカ104――7つの学び ○「相手より先に、挨拶しよう。」○「宙ぶらりんに耐えよう。」○「仕事をしていれば、待つことができる。」○「時間を持て余しているから、さみしくなる。」○「手間がかかるから、愛情がわいてくる。」○「何をやるかではなく、どうやるか。」○「物を作る人は、メンタルが強くなる。」○「子供を、子供扱いしないようにしよう。」○「相手の求めに応えるのが、プロフェッショナル。」

    • 1 out of 5 stars
    • 雑音

    • 投稿者: Kindleユーザー 日付: 2018/07/11
    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 高橋御山人の百社巡礼/其之五拾五 沖縄・与那国 犬と女に始まる最西端の歴史

    • 犬と女の暮らしから始まり、怪力の女酋長が治めたという、日本最西端の「伝説の島」
    • 著者: 高橋 御山人
    • ナレーター: 高橋 御山人, 盛池 雄峰
    • 再生時間: 29 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    日本最西端、台湾まで約百キロ、沖縄県の与那国島。沖縄本島はもちろんのこと、八重山諸島の主島・石垣島からも遠く隔たった、正真正銘「絶海の孤島」である与那国島は、世界最大の蛾「ヨナグニサン」が生息し、「カイダー文字」という独自の象形文字も残る、自然も文化も極めて特異な土地である。中心集落・祖納(そない)に建つ十山神社(とおやまじんじゃ)は、沖縄特有の聖所・御嶽(うたき)が近代になって神社とされたものだが、与那国では、沖縄の他の地域と異なり、特に立入を禁止していないという。入口に鳥居はあるが、社殿は琉球建築であり、内部に香炉や「真天照」の文字が掲げられるなど、独特な様式である。この神社は、最西端の神社でもある(厳密には島のもっと西にも祠はあるが)。その祖納集落を見下ろす山の中腹にある岩窟「イヌガン」は、与那国の始祖たる女と犬が住んだ伝説がある。その奥にあるより大きな岩窟「ティンダハナタ」は、与那国の聖地であり、中世与那国の伝説的女酋長、サンアイ・イソバが住んだ場所と伝わる。彼女は巨体・怪力の持ち主で、霊力あるシャーマンでもあり、六つの乳房を持っていたともいう。与那国を支配下に置こうとやって来た琉球王朝軍を撃退したとも言われる。「ヤマト」とも「琉球」とも違う、日本最西端の島の独特な民俗を巡る旅の話。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 月刊・中谷彰宏104「ムダな準備をした人が、一番多く手に入れる。」

    • 役割を自分で見つける仕事術
    • 著者: 中谷 彰宏
    • ナレーター: 中谷 彰宏, 久瑠 あさ美, 奈良 巧
    • 再生時間: 1 時間 8 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    ★「係」を見つければ、楽しめる。中谷流・「係」発見パーティ術。★パーティが苦手…。宴会が苦手…。合コンが苦手…。こんな方は「係」が見つけられていないことが理由かもしれません。お皿を片付ける係、注文をまとめる係、買い出しに行く係――ワイワイやる集まりに必要な「係」は、おいしいポジションです。ちなみに、中谷さんは料理をお皿に取り分ける「取り分け係」。会食での「自分はこの係」とあらかじめ決めておけば、手持ちぶさたになって、浮いてしまうこともありません。会食を楽しむためには、まずは自分の「係」を決めることから。「係」の発見法、中谷さんから伺いました。★月ナカ104――7つの学び ○「『お客さん』では、楽しくない。」○「準備が多い人ほど、反省が多い。」○「リズム感があれば、乗り切れる。」○「当番ではなく、係。」○「ワイワイを演出するのが、リーダーの仕事。」○「自分の『係』を見つけよう。」○「面倒くさいことに、深い楽しみはある。」

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 高橋御山人の百社巡礼/其之五拾七 山梨・上野原 「異界の民」が神輿を担ぐ

    • 「ヤンキー」と「自宅警備員」の「百鬼夜行」!神社が結ぶ土着民と異界民の邂逅
    • 著者: 高橋 御山人
    • ナレーター: 高橋 御山人, 盛池 雄峰
    • 再生時間: 30 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    平成二十七年九月、本対談の聞き役・盛池雄峰が居を構える、山梨県の東端・上野原市中心部の牛倉神社で、例祭が行われ、高橋御山人も参加した。例祭は、市内を巡る勇壮な神輿で知られるが、盛池雄峰の居住地の町内では、過疎化・高齢化もあって、神輿の担ぎ手が不足しており、毎年近隣の東京都八王子市から、多くの若者も含めた担ぎ手がやって来る。神輿というものは、比叡山延暦寺の僧兵や、日吉神社の神人などによる強訴に使われ、千年近い昔から「荒々しい」側面も強いが、当神社の神輿も少なからずそうである。そして、僧兵や神人の如く、担ぎ手にも「荒々しい」者が少なくない。多くの祭に付き物の、見るからに荒々しい「ヤンキー系」の人々もいれば、見た目はそうでなくとも、僧兵や神人の如く「社会の不穏分子」となり得る「自宅警備員」など、地元の人々からすれば異様な面々である。妖怪達の「百鬼夜行」のモデルは、このようなものに違いない。だが、そうした「異類」達が、必要とされ、活躍する。神社や祭というものは、古より、そのような社会の結節点としての役割があった。当神社の祭神たる牛頭天王も、外より来る「来訪神」だが、それは、こうした「異類」達の遠い先祖である。大都市八王子から数駅にして、過疎化の進む上野原、そこに新たなる神事として再浮上する、古き類型を見る。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 高橋御山人の百社巡礼/其之五拾六 東京にも残る古代の石神信仰 ルーツは諏訪に

    • 東日本に残る古代信仰「石神」、その根源は諏訪の「ミシャグジ神」にあった
    • 著者: 高橋 御山人
    • ナレーター: 高橋 御山人, 盛池 雄峰
    • 再生時間: 29 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    高橋御山人が毎日通る道沿いに鎮座する、東京都板橋区の天祖神社。その境内には「天孫降臨の頃」より存在したという男根型の石「おしわぶきさま」が祀られている。それは柳田國男の「石神問答」で指摘された、古代より東日本に広がっている「石神」である。そこからそう遠くない、練馬区石神井の石神井神社には「神代以前の石剣」を御神体とする石神井神社があるが、この石神井という地名も「石神」信仰に由来するものという。そして、各地に残る石神信仰のルーツを遡って行くと、諏訪の土着神「ミシャグジ神」の信仰へと辿り着く。それは、精霊崇拝的な原始信仰であり、近代以前は「神長官(じんちょうがん)」の役職を世襲する守矢家がその祭祀を司った。諏訪には、記紀神話とは異なる神話も伝わっており、守矢家は、皇室と同等の古さを誇る家だという。そのような原初的な信仰を伝える諏訪の祭祀には、串刺しにした兎や、鹿の生首を大量に供える血生臭いものもあり、諏訪大社は、仏教の教理に基づき建前上肉食禁止であった中世の日本において、狩猟と肉食の許可状を発行する唯一の神社でもあった。諏訪は、縄文文化が栄えた地でもあるが、諏訪大社の狩猟との関連は、狩猟が盛んだった縄文由来のものとも言われる。「平地」とは異なる「山」の原初的信仰と、そのセンターである諏訪について考察する。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 高橋御山人の百社巡礼/其之五拾四 越中富山 女の尻に鞭打つ神事

    • SMは神事だった?! 松尾芭蕉も油断した?! 「越の大社」は女の尻に鞭を打つ!!
    • 著者: 高橋 御山人
    • ナレーター: 高橋 御山人, 盛池 雄峰
    • 再生時間: 29 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    富山市郊外に鎮座する鵜坂神社は、二千年の昔、崇神天皇の頃、四道将軍の一人大彦命によって建てられたと伝わり、六国史や延喜式にも載る、「越の大社」と言われた古社である。越中国司時代に大伴家持も参拝し、近くの神通川で鵜飼を鑑賞、万葉集に歌も残している。行基が二十四堂伽藍を建立、白鳳期には真言宗鵜坂寺も建てられ、源義仲の挙兵により一時焼失するも、源頼朝が再建、明治の神仏分離まで神宮寺として栄えた。こうした長い歴史を持つ神社であるが、特筆すべきは、平安時代から行われていたという特殊神事「尻打祭」である。これは、女が一年の内に会った男の数を申告し、神主がその数だけ榊で女の尻を打つというものであった。元々は、正月に七草粥を炊いた薪で女性の尻を打つと健康な子が生まれるという、公家の遊びが伝わったものだったが、鎌倉時代には、既に女の性の乱れを戒める趣旨であったという。「尻打祭」は「日本五大奇祭」の一つに数えられ、平安歌人・源俊頼や、松尾芭蕉がこの神事を詠んでいる。しかし、この行事は近代社会には馴染みにくく、明治以降は雌馬で行われるようになり、第二次大戦以後は途絶えた。けれども、近代的観念と相容れない、「SM」すら彷彿とさせるこのような行事にこそ、神事の真髄が垣間見えるのである。奇祭の向こうに「近代的常識」の揺らぎを見る。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 月刊・中谷彰宏103「感動は、人に話す前に、深掘りをしよう。」

    • 自分だけの価値を見つける人生術
    • 著者: 中谷 彰宏
    • ナレーター: 中谷 彰宏, 久瑠 あさ美, 奈良 巧
    • 再生時間: 1 時間 2 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    ★落ち込めるから、成長できる。中谷流・感動体質獲得術。★感動できるのは「才能」。感動できる瑞々しい感性の持ち主が、世の中で成功をおさめています。ところが、感動しやすい人ことを「影響を受けやすい」として嘲笑する人がいます。でも、その人こそ勘違い。「影響を受けやすい人」は、自分の価値軸を持っていません。だから、一時の流行に流されてしまいます。でも、自分の価値軸を持っていれば、そうなりません。そう、感動できるのです。ムッとする。落ち込む――最初はそれでもかまいません。でも、メンタルを鍛えることで、「感動体質」に生まれ変わることができます。感動体質に生まれ変わる方法、中谷さんから伺いました。★月ナカ103――7つの学び ○「素直だから、感動できる。」○「落ち込むのも、感動。」○「深掘りの仕方が、感性。」○「ムッとすると、深掘りできなくなる。」○「失敗のパターンを見つけていこう。」○「ラッキーなことがあったら、お返しを考えよう。」○「相手の価値観で、ベストにしよう。」

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 別冊・中谷彰宏103「イマジネーションを、コミュニケーションしよう。」

    • マニアックでつながる恋愛術」
    • 著者: 中谷 彰宏
    • ナレーター: 中谷 彰宏, 久瑠 あさ美, 奈良 巧
    • 再生時間: 1 時間 12 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    ★力まないから、継続できる。中谷流「運命のテーマ」発見術。★継続することなくして、成功する人はいません。では、どうすれば、継続できるのでしょうか。それは、自然体であること。つまり、力まないことです。そう、成功者はリラックスしているのです。では、どうすれば、自然体でいられるのでしょうか? それは、自分のテーマを発見することです。好きなことであればいくらでも没頭できます。疲れ知らずです。知識も、自然と吸収されてゆきます。「運命のテーマ」を発見できるかどうか――これが人生の明暗を決めるのです。「運命のテーマ」の発見法、中谷さんから伺いました。★別ナカ103――7つの学び ○「男には、男だけの場所が必要。」○「好きなことなら、覚えられる。」○「ヒーローは、必死ではない。」○「マニアックな趣味がある人は出逢える。」○「イマジネーションで、コミュニケーションしよう。」○「粘りがなければ、個性は発揮できない。」○「思春期に、戻ろう。」

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 月刊・中谷彰宏102「乗り越えようとすることで、強くなる。」

    • 追いつめられる体験で学ぶ学習術
    • 著者: 中谷 彰宏
    • ナレーター: 中谷 彰宏, 久瑠 あさ美, 奈良 巧
    • 再生時間: 1 時間 8 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    ★くっきり描ければ、自然と行動できる。中谷流・ゾーン突入術。★成功者は、「未来視力」を持っています。未来視力とは、自分の未来をくっきり思い描く力。パートナーと子供と暮らしている様子をくっきり描ければ、そんな幸せな家庭を営むことができます。自分の本がくっきりとイメージできる人は、作家になれます。イメージが描ければ、人は「自動的」に行動し始めるものです。それが「ゾーン」。勝負は、くっきり思い描けるかどうかにかかっています。くっくり未来を思い描く方法、中谷さんから教わりました。★月ナカ102――7つの学び ○「ゾーンに入っている人は、何も考えていない。」○「爬虫類脳だと、不安しか思い浮かばない。」○「未来の解像度を高めれば、成功できる。」○「ポジティブシンキングでは、成功できない。」○「ゴールを、通過点にしよう。」○「追い詰められた状況が、脳を鍛えてくれる。」○「継続しなければ、面白みはわからない。」

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 高橋御山人の百社巡礼/其之五拾弐 広島・三次 魔物ハンターの広告戦略

    • 少年が魔王から木槌を授かる江戸時代の怪異譚「稲生物怪録」 その舞台を訪ねる
    • 著者: 高橋 御山人
    • ナレーター: 高橋 御山人, 盛池 雄峰
    • 再生時間: 28 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    中国地方の中央、広島県北東部の盆地に位置する三次市には、江戸後期の神道家・平田篤胤も強い関心を持った「稲生物怪録」という怪異譚を記録した書物が伝わる。江戸中期、三次藩士の息子である稲生平太郎が、仲間との肝試しで嵐の中近所の山に登り、触れれば祟りがあるという石に木札を結び帰ってくる。すると、連日連夜、化物がやって来て平太郎を驚かすが、平太郎は動じる事がない。それが一ヶ月続いて、その最後にはついに魔王・山本五郎左衛門(さんもとごろうざえもん)が現れるが、それでも動じない平太郎に魔王は感嘆し、魔王の助力が得られる木槌を与えて去る、という話である。三次市には、その平太郎の屋敷跡や、「稲生物怪録」にも登場する山へ登る際の入口となった神社、木札を結んだ石、山麓の寺院などが今も残っている。また、平太郎は長じて武太夫と名乗り、三次藩が併合されたため広島へ移ったが、武太夫の名は広島でも轟いたようで、広島市内には武太夫を祭る神社があり、魔王より授かったという木槌も、市内の国前寺に伝わっている。また、四国・松山のお家騒動に関係した化け狸・隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)を退治したという伝説が当地にあり、近隣にもその勇名が広く知られていた。「稲生物怪録」とは一体何だったのか?その舞台を訪ね、真相に迫る。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 別冊・中谷彰宏102「ゾーンを邪魔しない人が、愛される。」

    • 共感脳を磨く恋愛術
    • 著者: 中谷 彰宏
    • ナレーター: 中谷 彰宏, 久瑠 あさ美, 奈良 巧
    • 再生時間: 1 時間 15 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    ★いいことをすれば、利息がついて返ってくる。中谷流・因果応報術。★タナボタを「ラッキー」と思うと、幸せになれません。なぜなら、どこかでそのラッキーは差し引かれるからです。人生は、トータルで帳尻が合うようにできています。もし、タナボタがあったら、アンラッキーを警戒する。そういう気の引き締め方が、成功者のマインドセットです。そうすることによって、タナボタはチャンスに変わります。利息がつく人生作法、中谷さんから教わりました。★別ナカ102――7つの学び ○「男性のパーソナルスペースの壁は、高くて厚い。」○「リラックスしているときに、ゾーンに入る。」○「男の仕事をライバル視する女性は、さげまん。」○「ゾーンは、いつ来るかわからない。」○「ラッキーと思っているときが、いちばんアンラッキーな瞬間。」○「一手間省くと、二度手間になる。」○「ムッとするから、学ぶことができない。」

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 高橋御山人の百社巡礼/其之五拾壱 滋賀・永源寺 木地師を束ねる「フリーメーソン」

    • 深山に逃れた親王に始まる木地師の里 諸国を漂泊する木工職人達を束ねる組織の秘密
    • 著者: 高橋 御山人
    • ナレーター: 高橋 御山人, 盛池 雄峰
    • 再生時間: 28 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    滋賀県東部、鈴鹿山脈の西側の麓の旧永源寺町(現東近江市)の、三重県と境を接する最奥部に、木地師発祥の地であり、全国の木地師達の本拠地、元締の住む地があった。木地師とは、深山に分け入って木を伐り、ろくろで削って椀や盆などの木工品を作って、良材がなくなればまた移動するという、漂泊の民である。その木地師の元締めの集落が、永源寺の最奥部に蛭谷、君ヶ畑と二つある。皇位継承を巡る争いに敗れ、逃れてこの地に隠れ住んだ惟喬親王が、ろくろを発明し木地師の祖となったのが、その由来という。蛭谷には筒井神社があり、かつては「公文所」と呼ばれて、木地師の免状や通行手形を発行していた。木地師は全国の山の八合目以上の木を自由に伐って良く、通行も自由であった。境内にある資料館には、ろくろや椀、盆などの木工品の他、発行した免状や手形、全国の木地師を「氏子」として記録した戸籍の一種「駈帳」、時の為政者による許可状などがあり、古いところでは約千百年前、朱雀天皇の綸旨まである。君ヶ畑にはかつて惟喬親王が出家した金龍寺が建ち、「高松御所」と呼ばれ、筒井神社と同じく免状と手形を発行した。また、君ヶ畑にもゆかりの神社が建つ。深山に分け入り、全国を自由に往き来しつつも、一定程度組織化された木工職人達。ベールに包まれたその秘教的実態を探る。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 高橋御山人の百社巡礼/其之五拾参 香川・高松 機織の「ちきり」と人柱の少女

    • 「神託」により、生き埋めにされた後、嘆き声を上げ続け、神として祭られた少女
    • 著者: 高橋 御山人
    • ナレーター: 高橋 御山人, 盛池 雄峰
    • 再生時間: 31 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    高松市の南部、仏生山地区の滕神社(ちきりじんじゃ)。「ちきり」とは機織りに使う道具の名である。ここには「いわざらこざら」という悲しい人柱伝説が伝わっている。近くにある平池という、平安時代に造られたため池がある。それが災害により大きく破損し、平清盛の命で、在地の豪族が改修にあたった。しかし、改修は困難で、何度やっても堤が壊れた。そこで神仏に祈願したところ、明日「ちきり」を持った女が通るので、人柱にせよとの託宣を受ける。果たして翌朝一人の娘が通りかかり、役人が何を持っているか尋ねると、「ちきり」だと答えるので、捕えて生き埋めにし人柱とした。娘は埋められる時「言わざら来ざら(言わなければ良かった、来なければ良かった)」と言い続けたという。こうして無事ため池の改修は終わったのだが、堤の東の方では、どこからともなく水が漏れ出し、僧侶がそれを聞くと、「言わざら来ざら」と聞こえた。彼女の霊を慰めるため、神として祀ったのが、滕神社という。この神社は、そうした特異な由緒がある為、「身代わりお守り」を授与し、「人形祓い」を積極的に行っている。日本各地に古くから伝えられる人柱という悲劇的な一種の呪術。それはなぜ行われたのか?水、機織、女性、魔性という他伝承との共通項にも注目しつつ(其之参拾壱「福島・奥会津武家の世開くドラゴン退治」参照)、近代以前の社会における共同体と個人の関係について考察する。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 別冊・中谷彰宏101「トラブルは、優しい神さまのテストだ。」

    • サムライの器になる生き方術
    • 著者: 中谷 彰宏
    • ナレーター: 中谷 彰宏, 久瑠 あさ美, 奈良 巧
    • 再生時間: 1 時間 7 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    ★「トラブル」にすれば不合格。「テスト」にすれば、合格。中谷流・器量アップ術。★アクシデントを「トラブル」にしているのは、自分自身。向き合い方ひとつで、「テスト」や「ゲーム」に変換できます。「すべてのアクシデントは、神様のテスト。どういう解答を書くかが問われている。」と中谷さん。正答を書けば、合格。誤答なら、追試や留年。ところで、神様はどんな合格基準を持っているのでしょうか? それは「カッコよさ」、つまり「器の大きさ」です。神様は、あなたにカッコいい人になってもらいたいと願って、器の大きい人に成長してもらいたいと願って、テストを行います。「神様のテスト」を通じて成長するのが、生きている意味。器を大きくする方法、中谷さんから教わりました。★別ナカ101――7つの学び ○「アクシデントに、善悪はない。」○「自分が困らないためには、困っている人を助けること。」○「『責任』は、自分に使う言葉。」○「学力ではなく、器で問題を解こう。」○「カッコよさを追求するのが、サムライの生き方。」○「勉強するかどうかで、上下の差がつく。」○「我慢しないで、妙味を見出そう。」

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 高橋御山人の百社巡礼/其之五拾 大分・熊本 まつろわぬ土蜘蛛 その核心は!!

    • 九州に数多い「まつろわぬ」土蜘蛛の伝承。その核心は大分と熊本の間にあった!!
    • 著者: 高橋 御山人
    • ナレーター: 高橋 御山人, 盛池 雄峰
    • 再生時間: 29 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    大分県南西部山間、竹田市や豊後大野市は、日本書紀や豊後国風土記に、土蜘蛛にまつわる伝承が数多く記されている地である。竹田市久住町の宮処野神社(みやこのじんじゃ)は、景行天皇が土蜘蛛征伐にあたり陣を構えた地とされる。そこから南に行軍したところ、土蜘蛛の抵抗に遭い、一旦退却した地が、同じ竹田市の城原八幡社(きばるはちまんしゃ)、その南西、やはり同じ市内の、阿蘇外輪山の麓の禰疑野神社(ねぎのじんじゃ)が、三人の精強な土蜘蛛、ウチサル、ヤタ、クニマロの本拠地で、三人はここで天皇に討たれたという。また、豊後大野市の知田(ちだ)は、アオ、シロという二人の土蜘蛛を討ち、血が大量に流れたので「血田」と呼ばれたのが地名の起源という。一方、豊後大野市には、景行天皇を食事でもてなした、シノカオキ、シノカオミという土蜘蛛の伝承もある。なぜ、この地域にはこんなにも土蜘蛛の伝承が多いのか。そのヒントは、山を越えた、熊本県側にあった。肥前国風土記は、禰疑野の土蜘蛛と同じウチサルという名の土蜘蛛が、熊本市近郊の山にいたと伝え、それを討ったのが、市内の健軍神社の祭神・タケオクミノミコトという。この二つのウチサル伝承地の中央には、阿蘇山が聳える。そこは、神代より戦国を経て今まで続く、阿蘇氏の治める地であった。九州土蜘蛛伝承の真相に迫る。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 月刊・中谷彰宏101「テクより、マナーのある人が成功する。」

    • 礼に始まる仕事術
    • 著者: 中谷 彰宏
    • ナレーター: 中谷 彰宏, 久瑠 あさ美, 奈良 巧
    • 再生時間: 1 時間 10 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 2

    ★アクシデントは、神様のテスト。礼儀とマナーで解答しよう。中谷流・先読み人生術。★手際よく書類仕事をこなせる。コンピュータがとても詳しい。でも、なぜか仕事がうまくいかない人がいます。それはなぜでしょうか? その原因の一つは、マナーです。ここでいう「マナー」とは、いわゆる「お行儀」ではありません。マナーとは言い換えれば、礼儀。あるいは道徳です。テクニックを重視する人が怠りがちなのが、この礼儀。あらゆる仕事は、人間の関係のなかで行われます。リアクションが悪いのは、マナー違反。締め切り間際、周りをハラハラさせるのも、マナー違反。マナーがない人は、いくらテクがあっても生かされません。テクに磨きをかける前に、礼儀を身につける。人として生きる道の研鑽法、中谷さんから伺いました。★月ナカ101――7つの学び ○「テクは枝葉。マナーが幹。」○「マナーから、精神に入る。」○「マナーができている人は、伸び方がちがう。」○「『仕事ができる』とは、先読みができること。」○「爬虫類脳は、自分のことしか考えられない。」○「時間という概念を持てる人が、お金持ちになる。」○「マナーがよい人が、お金持ちになる。」○「映画を観れば、『神様のテスト』が解ける。」

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 高橋御山人の百社巡礼/其之四拾五 山梨・上野原 ヨガの奥義から剣の軍神へ

    • ヨガで「解脱」の鍵とされる蛇の女神が、軍荼利明王を経て、果ては剣の軍神へと
    • 著者: 高橋 御山人
    • ナレーター: 高橋 御山人, 盛池 雄峰
    • 再生時間: 30 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    百社巡礼の対談相手・盛池雄峰師宅のある、山梨県上野原市の神社を取り上げ、収録も上野原で行う「上野原シリーズ」。第一弾は、市街地の北東、東京都、神奈川県との境近くの山中に鎮座する軍刀利神社(ぐんだりじんじゃ)。祭神は日本武尊で、その東征の帰り道、草薙の剣を神の宿る剣として祀ったとされるが、創建は平安中期で、社名から密教の軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)を祀った、修験道の聖地であったことは明らかだ。明王とは、仏道に導き難い者を力ずくで帰依させる存在で、多くは憤怒の表情、逆立った髪、何本もの手に武器を持つという、恐ろしい姿を取る。そのルーツは、古代インドで鬼や悪魔に相当する夜叉や修羅だが、軍荼利明王の場合は、クンダリーニという蛇の女神が起源である。ヨガにおいては、性器と肛門の間にある、最も下部のチャクラに宿っており、クンダリーニを覚醒させ、脊髄を上昇させて、その途上にあるチャクラを開いていき、頭頂に至る事によって「解脱」できるとされている。それが伝播の過程で男性となったのが、現在の軍荼利明王である。しかし、そうした遠い起源は忘れられ、ここでは軍神として崇拝されている。明治の神仏分離により、明王とも切り離されたが、剣を奉納する信仰は続いている。神格の変遷と土着化する信仰というものについて考察する。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

    • 高橋御山人の百社巡礼/其之四拾九 大分・日田 母権社会の記憶 土蜘蛛の姫

    • 土蜘蛛・五馬媛を神社に祀り、女性首長の古墳もある、母権社会の記憶を伝える地
    • 著者: 高橋 御山人
    • ナレーター: 高橋 御山人, 盛池 雄峰
    • 再生時間: 30 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    大分県西北の内陸、日田市には、渓谷沿いに湧く天ヶ瀬温泉があるが、その南側の高原に、五馬市(いつまいち)という土地がある。ここは、豊後国風土記に、土蜘蛛・五馬媛(いつまひめ)がいたと記される地である。五馬市の玉来神社(たまらいじんじゃ)は、景行天皇とその五馬媛を祭神としている。土蜘蛛とは、記紀や風土記において、天皇、朝廷に従わず、その多くが討たれたとされる辺境の民であり、神社の祭神とされているのはここが唯一の例と思われる。ただし、全ての土蜘蛛が朝廷に従わず討たれたと書かれる訳ではなく、例外もある。五馬媛も、特に朝廷との関係は書かれていない。景行天皇は、日本書紀や風土記に九州の土蜘蛛を数多く討った事績があるが、五馬媛との関係は特に記されていない。にも関わらず、玉来神社では並んで祭神とされている。また、同じ五馬市の元宮神社は、五馬媛のものとされる古墳の上に立っている。さらに、近くにある宇土古墳群には、女性首長を葬った古墳も存在している。古文書、伝承、考古資料の全てが、古、ここに卑弥呼のような女性首長がいた事を示している。はるか太古の、シャーマニズムと母権社会の記憶を伝えて来た、五馬市。それから千数百年、父権社会の崩壊局面にある今、それらの意義や遷移について、根底から再考する。

    会員特典

    ・専用アプリでいつでもどこでも。
    ・20以上のジャンルが聴き放題 (8/27まで)。
    ・いつでも退会可能。

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2
  • ...
  • 26