最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

50分でわかる間違いの喜劇 -シェイクスピアシリーズ18-

ナレーター: 西村 健志, 野口 晃, 青野 早恵
再生時間: 50 分
カテゴリー: 名作文学
4.5 out of 5 stars (8件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

オーディオブック シェイクスピアシリーズ第十八弾



読み聞かせでもなく、サウンドドラマでもない。

オーディオブックならではの圧倒的な表現力。

誰もが知っている"はず"のシェイクスピア作品をダイジェストにして続々お届けします。



●解説

シェイクスピア最初期の作品で、「三一致の法則」(時・場・話)を最終作「テンペスト」とともに守っている笑劇。元ネタは古代ローマの新喜劇『メナエクムス兄弟』で、双子の取り違え劇としてドタバタ調のお話。

「銭に関して騙し欺されどつきどつかれ色々あって結局一件落着」というコメディなので、いわゆる現代の「吉本新喜劇」などのノリにかなり近いのが特徴。

「間違い」とは、ひとつは伝統的な「人違い」の話ですが、それでいて「取引」の間違い(合わない勘定)でもあります。上演当時はインフレで、お金の取引が切実な社会問題でした。

また、裏のテーマとして、舞台となる地名にもある通り、聖書「エペソ人への手紙」にあるような夫婦・主従の義務や関係です。宗教的な「間違い」でもあるということで、初期はクリスマスシーズンの祝祭劇としても上演され、最後の修道院長の台詞にもこうした含意があります。



●内容紹介

数奇なる人生を語り終えるイージオン。大公は、愛する息子のため危険を顧みなかったこの哀れな男に情けをかけ、いわく法に背きさえしなければ、喜んで無罪放免にしてやりたいところだが、むやみに法を曲げて我が誓いと誉れを汚すことはできぬ。とはいえ、法が厳格に定めし即時処刑は忍びないから、今日一日で物乞いをするなり金を借りるなりして、保釈金を集めること叶うか試してみよとのお達しだが・・・。



双子のドタバタ取り違い劇。「銭に関して騙し欺されどつきどつかれ色々あって結局一件落着」というコメディの原点ここにあり。



●編集者からひと言

本シリーズは、シェイクスピアの世界を判りやすいダイジェスト版として、楽しみながら手軽に知ることができます。



→こんな人におすすめ

シェイクスピア作品に興味はあるが、全部読むのは面倒くさい

戯曲が中心なので、聴いた方が楽しめそう



ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare)

英国の劇作家・詩人。1592年~1612年ごろまで劇作家として活躍。四大悲劇「ハムレット」、「マクベス」、「オセロ」、「リア王」をはじめ、「ロミオとジュリエット」、「ヴェニスの商人」、「夏の夜の夢」、「ジュリアス・シーザー」など多くの傑作を残す。



Charles and Mary Lamb's TALES FROM SHAKESPEARE: THE COMEDY OF ERRORS

edited by Yu Okubo,

translated by Hiroshi Yadomi
(c)2018 Pan Rolling

50分でわかる間違いの喜劇 -シェイクスピアシリーズ18-に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。