最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

読み聞かせでもなく、サウンドドラマでもない。オーディオブックならではの圧倒的な表現力。誰もが知っている"はず"のシェイクスピア作品をダイジェストにして続々お届けします。

「シーザーは私の友であって、私に対しては常に正しく、常に誠実でありました。けれどもブルータスがその彼には野心があったと言うのです。なるほどブルータスは尊敬すべき人であります。」

シェイクスピアの遺した戯曲の中でも一二を争う人気作品、「ジュリアス・シーザー」。
史劇として、時代に翻弄されながらも己の主義主張に基づき、真っ直ぐに時に狡猾に行きぬく漢達の物語である本作では、様々な「生き方」がぶつかりひしめき合っている。

シーザー。ブルータス。キャシアス。アントニー。そして名も無きひとりひとりの戦士たち。
命を懸け、歴史にうねりをもたらしたそれぞれの想いが大波となり、無常にも彼らを飲み込んでいった。

金か名声か。それとも志か。

人は何に生きるのか――。
(c)2016 Pan Rolling

50分でわかるジュリアス・シーザーに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。