最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月会費1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

昭和15年の随筆。北海道の開拓時代の面影を残している十勝南部の様子を綴っている。
人々の生活を見ていろいろな思いにとらわれる中谷宇吉郎だが、そこは科学者、ひと呼吸おいて冷静な視点で今の自分の立ち位置を見極める。
現代人にもこの視点が必要なのではないだろうか。
Public Domain (P)読人舎

同じ著者・ナレーターの作品

著者

ナレーター

荒野の冬に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。