ピノッキオ オーディオブック

ピノッキオ

1カ月無料でAudibleを体験しよう!

無料体験登録ページへ
  • 専用アプリでいつでもどこでも。
  • 20以上のジャンルが聴き放題。
  • 月1,500円の定額制サービス。
  • いつでも退会可能。

あらすじ・解説:

内容紹介

「ピノッキオ」はイタリアで生まれ、世界中の子供に読まれてきた、もはや知らない人がいないくらいと言っても過言ではない、あやつり人形の物語です。
児童新聞への連載から始まったこの作品は、子供たちへの反響から書き続けられ、三年の連載期間を経て完成した、児童文学の名作です。

ものを言う木切れだったピノッキオは、ヂェッペットじいさんにより、ダンスをしたり、思い切り飛んだり跳ねたりするあやつり人形に作られました。
ヂェッペットじいさんは、ピノッキオを我が子のように可愛がって育てようとしますが、ピノッキオはとんでもないいたずらっ子で、沢山周りの人を困らせるばかりか、遂に家を飛び出してしまいます。
しかし、ピノッキオは自分のいたずらで自らも何度もひどい目に遭い、そのたびに良い子になろうと反省します。懲りないながらも、「いつか人間になりたい」という願いを持つようになり、少しずつ成長しながら、ピノッキオは色々な国に冒険に出掛けるのです……

この物語は単なるおとぎ話ではなく、悪いことをすれば当然の報いを受けるという現実世界で、どう生きていくかをリアリティたっぷりに、時には皮肉を交えて描いた作品でもあります。冒険物語がお子様の想像力をはぐくむのみならず、道徳心を養う一助にもなることでしょう。

収録作品

・ピノッキオ

・一つの木ぎれ

・ヂェッペット

・あやつり人形

・もの言うこおろぎ

・ごみの上の卵

・火ばちにのせた両足

・梨の皮としん

・ABCの本

・人形しばい

・あやつり人形のなかまたち

・「火を食う男」とよぶおやかた

・きつねとねこ

・「赤えび屋」というやどや

・二人のおいはぎ

・青いかみの仙女

・三人の医者

・おさとうとおくすり

・きせきの原

・おおざるのさいばんかん

・おそろしいへび

・にわとりの番をする犬

・どろぼうのイタチ

・大きなはと

・はたらきばちの島

・よい子になるお約束

・悪い友だち

・けんか

・けいさつけんアリドロ

・カタツムリ

・おもちゃの国

・ロバの耳

・きょくげいだん

・サメ

・サメのおなか

・人間のこども

カルロ・コッローディ

1826年、イタリアのフィレンツェ生まれ。若い頃より評論・喜劇・小説などを執筆しながら、生活の糧のためにシャルル・ペローの童話の翻訳を始めたことをきっかけに、児童文学に興味を持つ。代表作である「ピノッキオ」が世界的に読者を獲得したのみならず、国内ではイタリア語の普及について多大な功績を挙げている。晩年は、教科書の執筆に携わり、その精力を傾けた。

(c)2017 Pan Rolling

リリース情報

本は「朗読」で聴こう
Audible(オーディブル)

アプリで本の朗読を持ち歩こう
プロの朗読で、本はもっと楽しく感動的に

名作から人気の現代文学、自己啓発やビジネス、落語や語学、ライトノベルなどオーディオブックのジャンルは20以上。読み手はプロのナレーターや俳優陣。さあ、Audibleで新しい読書体験をしよう。
・Audibleのサービス・特長をもっと詳しく見る

アプリで好きなだけ
月額1500円の
聴き放題サービス

アプリはiPhone、Android端末やタブレット
そしてPC(Windows10)に対応
ダウンロード方式で、電波のない場所でも聴ける

Audibleのサービスは、たくさんの本が好きなだけ聴ける定額制。アプリには、再生速度のアップダウン、巻き戻し・早送り機能、気になる箇所へのブックマーク、スリープタイマーなど、便利な機能があります。
・端末ごとのアプリをインストール

世界中で愛される
Audible

世界での利用者は、数百万人

Audible, Inc.は世界最大級のオーディオブック制作・配信事業者です。1995年アメリカでの創業し、現在までにイギリス・ドイツ・フランス・オーストラリア・イタリアそして日本にて事業を展開しています。世界での利用者は、数百万人に及びます。
・Audibleのヒストリーについてもっと詳しく見る

目も両手も使わない読書
さあ、1カ月間無料体験

家事や通勤、ジョギング中やベッドでも

例えば家事をしながら直木賞作品を楽しんだり、通勤や通学中にビジネス書や語学を聴いたり。Audibleは生活の様々な場面に本や物語に触れるチャンスを増やしてくれます。
1カ月無料体験登録