最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

不思議の国のアリス

ナレーター: パンローリング
再生時間: 4 時間 21 分
4 out of 5 stars (2件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 2,000
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

アリスと不思議な世界へ行ってみませんか?


三月うさぎ、公爵夫人、女王さまなどキャストが活き活き!!


楽しいアリスの世界を表現した作品となっています。



『不思議の国のアリス』は著者のルイス・キャロルが知人の少女であるアリス・リデルに聞かせるためにつくった物語が元となった童話で、知人らの間で好評を得たことを機に書籍化されました。その『不思議の国のアリス』を聴く絵本にし、耳でアリスの世界を楽しんでいただくようになっています。



ある日、少女アリスは川のほとりで姉と一緒に過ごしていましたが、だんだんと退屈になり意識がぼーっとしてきてしまいます。

するとアリスの目の前を、服を着た白ウサギが慌てたように走っていき、興味を持ったアリスはその白ウサギを追いかけはじめました。そこからアリスは不思議な世界に迷い込み、愉快な動物や植物たちとの出会いを繰り返しつつ、奇妙な出来事に遭遇していきます。

道中出会った口がとても大きなチシャ猫に道案内されたり、帽子屋と三月うさぎが開いている「終わらないお茶会」に参加したりと、どこか幻想的でユーモラスに描かれている登場人物たちと、夢の中の出来事のようにナンセンスなシーンが楽しい作品です。


本作は児童文学にありがちな教訓を与えたり、道徳心を育むといった目的を重視しておらず、純粋に子供を楽しませるための物語です。その独特で作りこまれた世界観に、年齢問わず世界中で多くの人を魅了し続けています。






収録作品




巻頭詩



第1章 うさぎの穴をまっさかさま



第2章 涙の池



第3章 がくがくかけっことながいお話



第4章 うさぎ、小さなビルをおくりこむ



第5章 いもむしの忠告



第6章 ぶたとコショウ



第7章 むちゃくちゃなお茶会



第8章 女王さまのクロケー場



第9章 にせウミガメのお話



第10章 ロブスターのカドリーユおどり



第11章 タルトをぬすんだのはだれ?



第12章 アリスのしょうこ





ルイス・キャロル



1832年、イギリスで生まれたルイス・キャロルは、詩や物語の分やで成功を収め、風刺が効いたユーモラスな作風で人気を集めました。
大ベストセラーとなった著書「不思議の国アリス」は現在でも世界中で多くの支持を集め、誰もが知る童話として様々な作品のモチーフに使用されています。
また、キャロルは写真家としても知られていて、「不思議の国アリス」の成立に大きく関わったアリス・リデルという女性を撮影した写真も残されています。
(c)2017 Pan Rolling

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
レビューはまだありません。