会員特典 会員特典
  • 専用アプリでいつでもどこでも。
  • 20以上のジャンルが聴き放題。
  • 月額1,500円。
  • いつでも退会可能。

あらすじ・解説

子どもの想像力を豊かに育む 昔話とファンタジーの読み聞かせオーディオブック

アンドリュー・ラング(1844-1912)はイギリス生まれの作家、文学者、民族学者です。童話や神話に精通しているラングが、子どもたちに本当に読んで欲しい選りすぐりのお話を各国から集めて、全12冊からなる童話集となりました。

誰も知らないようなラング童話集しかないお話がたくさんあります。もちろんアンデルセンやグリムのお話、さらには日本のお話もあります。ラングの童話集があれば世界の童話が分かるとも言えるほど、まさに童話の歴史的ベスト版と言っても過言ではありません。

「動物の音楽隊」
昔あるところに一匹のロバがいました。若い頃は主人である男の言うことを聞きいて、よく働いていました。けれども、年を取って働けなると、飼い主に殺されそうになりました。慌てて逃げ出したロバは、同じように年を取って狩りが出来なくなった犬と、ネズミを捕れなくなった猫に出会いました。さらには明日ご馳走に出されてしまう鶏も仲間にして、一緒に音楽隊をやることになりました。音楽隊の三匹と一羽は森で眠っていましたが、その森に一軒の家を見つけて宿を借りようとしました。ですが、その家は悪い泥棒の家だったのです。

「透明な王子さま」
昔あるところに自然の力を操る妖精がいました。妖精には4人の息子がいました。上の三人の息子に自分の力をわけ、それぞれを王様にしました。残った一番下の息子は、風の王子です。ある日、妖精が用事で外に出掛けた隙に、風の王子は城を抜けだして、そのまま隣の国の城まで飛んで行きました。その城で美しい姫にひと目惚れした風の王子は、姫を風に乗せて連れ去ってしまいました。娘を失って悲しんでいた王様はある日、金の島の王子に出会いました。金の島の王子は魔法の小石を持っていて、この小石を口に入れると、透明人間になれる不思議な力がありました。王子は世界中を歩き回って姫を探しましたが……

収録しているお話

ジャッカルと小さな泉の動物たち
鬼と宝物
ベンスルダトゥの冒険
プルネラ
花を摘んだ娘たちに起こったこと

ロバの毛皮を着た娘
ブク・エテムスクの娘と約束
大木とおデブと目力
フォルテュナトゥスと魔法の財布
動物の音楽隊

灰色の小さな男
花の島々のお姫さまのお話
ヤギの顔をした娘
ある妖精の失敗
ラザルスさんとドラーケンたち
ボビノの冒険

領主の三人息子のお話
チェルケスの姉妹のお話
解けない魔法を掛けられたお姫さま
魔法使いのお馬さん

透明な王子さま
白い狼とお姫さま
熊の姿をしたお姫さま
泥棒と嘘つき男
太陽の子どもレティコ
お父さんの不思議な目と足の悪い狐
(c)2017 Pan Rolling

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
レビューはまだありません。