Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 2,500 で購入

¥ 2,500 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

★★★人は、なぜそれを買うのか?  使える! 最新経済学を池上彰氏がわかりやすく解説! ★★★
・売上を上げたいなら、二択より三択!
・損切りができないのは「サンクコスト効果」のため?
・なぜイケアの家具は、愛着がわくのか?
・政治にも利用される「バンドワゴン効果」とは?
・人は必ずしも合理的に行動しない!
・「損したくない」で行動を決めている!
・意思を決定するのは「直感」! ?
・人を操る魔法の理論「ナッジ」とは?
人間の行動心理を読み解く「行動経済学」がいっきにわかる!

《目次構成》
introduction そもそも行動経済学とは何か?   
序 章 経済は「人の心」で動いている! ?行動経済学のキホン?
第1章 身近にあふれる! 行動経済学を利用したビジネス戦略
第2章 意思決定をする直感?「ヒューリスティック」とは? ?
第3章 「損したくない」が行動を決める! ? ?「プロスペクト理論」とは? ?
第4章 人は将来よりも「今」を重視する! ?「現在バイアス」「社会的選好」とは? ?
第5章 人を操る魔法の理論?「ナッジ」とは? ?
第6章 行動経済学が切り拓く未来
©Akira Ikegami (P)2022 Audible, Inc.

池上彰の行動経済学入門(働く君に伝えたい「本物の教養」)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    83
  • 星4つ
    40
  • 星3つ
    14
  • 星2つ
    3
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    81
  • 星4つ
    34
  • 星3つ
    8
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    69
  • 星4つ
    40
  • 星3つ
    12
  • 星2つ
    3
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Amazonカスタマー
  • 2022/08/09

分かりやすいがとても軽い内容

分かりやすいですがとても軽い内容で、本当の教養というタイトルに負けています。
松竹梅の選択肢があると皆竹を選びがちとか、人は他人と同じであろうとする傾向が強いとか、すでに世の中に知られている心理学的な知識とその事例が紹介されているだけでした。

池上彰さん、行動経済学というワードを並べれば売れるから出した本なんだなと思いました。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2022/08/08

無意識の行動を理解できた

ダニエル・カーネマンを読んだ後に、池上彰のこの本を読んだ。より噛み砕いてわかりやすい印象だった。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ボーイとリッキー
  • 2022/08/04

読みやすい

行動経済学の教科書的な感じ。色んな用語や、分かりやすい例が多数あって私のような初心者にはよかった。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2022/08/03

入門書とあってわかりやすい

さすが池上彰という感じで、分かりやすく例もたくさん交えて書かれています。普段無意識にやっていることにが行動経済学で裏付けされているというのがおもしろいですね。
個人的に「ナッジ理論」が興味深かったです。子どもとの関わりや仕事で同僚へ顧客へ使う手はないかなと考えたくなりました。