最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

今後の日本にとっての最大の課題は「人口減少・少子高齢化」である。2020年から2040年の間に、人口は1525万人減る。マーケットは年々縮小、企業も自治体も人材不足に陥り、一人暮らしの高齢者が激増する。

企業も、自治体も、これまでと同じ考え方で同じことをしていれば、変化に適応できず衰退していくしかない。戦略的に縮むためにすべきことは何か。人口減少の専門家であり、都市や地方の様々な「現場」で対話を繰り返してきた著者が、「売上や人口の拡大を目指す思考を捨てよ」「これから求められる能力はエンパシー」など、人口減少を希望に変えるための指針を示す。

●ネット通販が届かなくなる理由
●「人手不足は外国人、女性、高齢者で解決できる」のウソ
●本当に70歳まで働けるのか
●マーケットの未来を見る力
●自治体の職員不足で起きること
●いかにして集住を促すか
●少子高齢時代に合わない、マンションの区分所有 etc.
©Kawai Masashi (P)2020 Audible, Inc.

未来を見る力 人口減少に負けない思考法に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。