最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

夏合宿のために矢吹山のキャンプ場へやってきた英都大学推理小説研究会の面々を、予想だにしない事態が待ち構えていた。山が噴火し、偶然一緒になった三グループの学生たちは、陸の孤島と化したキャンプ場に閉じ込められてしまったのだ。その極限状況の中、まるで月の魔力に誘われたように出没する殺人鬼! 有栖川有栖のデビュー長編。
℗有栖川有栖・東京創元社・RRJ Inc.

月光ゲーム Yの悲劇'88に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    5
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    3
  • 星1つ
    2
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2020/12/16

ナレーションの音量、演技

ナレーションの音量が一定ではなく大きかったり小さかったりします。 ボソボソとナレーションを始めたかと思うと急に大声を出してイヤホンで聞いていると耳が痛くなります。 そして演技にも問題があり、特に女性の声を出そうと高音を頑張っているのですが全く出ずにカスカスの声で、かなり聞き取りにくい状態になっています。 それがもはや商品とは言えないレベルでストレスがたまります 演技を頑張るのも結構ですが、何を言っているのかわからなければ意味が無い、声優をやめて田舎で農業でもしたらどうですか? かなり酷いです。残念でした