最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

忘れられた巨人

ナレーター: 石川 悦子
再生時間: 14 時間 19 分
カテゴリー: 現代文学
4.4 out of 5 stars (57件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

*本タイトルは、差し替え修正済みです。(2020年1月7日更新)

老夫婦は、遠い地で暮らす息子に会うため、長年暮らした村を後にする。若い戦士、鬼に襲われた少年、老騎士……さまざまな人々に出会いながら、雨が降る荒れ野を渡り、森を抜け、謎の霧に満ちた大地を旅するふたりを待つものとは――ブッカー賞作家の傑作長篇

©THE BURIED GIANT by Kazuo Ishiguro Copyright © 2015 by Kazuo Ishiguro Japanese audiobook rights arranged with Rogers, Coleridge and White Ltd. through The English Agency (Japan) Ltd. (P)2019 Audible, Inc.

忘れられた巨人に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    36
  • 星4つ
    12
  • 星3つ
    6
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    40
  • 星4つ
    10
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    32
  • 星4つ
    11
  • 星3つ
    5
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ボン猫
  • 2019/04/30

素晴らしいナレーション

銀河鉄道999のメーテルの声を彷彿とさせる石川悦子さんのナレーションが、物語の世界観を壊さぬどころか、さらに盛り上げていると思いました。 Audible の会員になって、数冊の本を読み上げてもらいましたが、作品の世界観を壊さないで朗読するのは、大変難しいことなのだなと都度都度感じてきたからです。 あからさまな漢字の読み間違いや、芝居が大きすぎる台詞回し、章の変わり目の間合いなど、聴き手が興醒めしてしまうかどうかは、読み手のテクニックと作品への取り組み方でだいぶ違ってきます。一生懸命に作品を生んだ作家の方への冒涜だなぁと思ってしまう作品もあり、当たり外れがAudible のシステム上存在していると個人的に思っています。 この作品は大当たり。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • angel
  • 2020/05/15

終わらないでほしかった!終わってからもハマっています。

 物語もさることながら、ナレーターがすばらしかった。まず、声がスッと入ってくる。耳障りがいい声。それでいて、老若男女演じ分け、世界に引き込んでくれる。脳内で映像になるので、ドラマを見ているようだった。なのに、目には優しい。最近、目が霞むのでオーディオブックに手を出したが、これは読書やドラマとはまた異質。初めて体験するオーディオブックがこの本でよかった。物語も聴き終わってからもずっと気になっている。何度でも聴きたくなる作品。  蛇足だが、すごく気にいったのにアプリ不調で一週間以上聴けていない。アプリの改善は切に願います。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2019/05/28

物語の雰囲気が伝わる素晴らしい朗読

朗読が素晴らしい。登場人物がしっかり演じ分けられて感情移入でき、作品世界の幻想的な雰囲気がよく伝わります。 物語はのんびり進行するので、紙で読んでいたら途中で挫折してしまったかもしれません。 終盤の展開、結末は非常に考えさせられるもので、聞き通せて本当に良かったと思いました。 歴史や記憶について考えを深めることのできる傑作です。