最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

左官の長兵衛はばくち好きで年も越せない。娘のお久が吉原の「佐野槌」に身売りに行き、女将は長兵衛に五十両を貸す。吾妻橋で、五十両を盗られて身投げしようとしている若者に五十両をやってしまう。
三遊亭圓朝作の人情噺。筋の運び方は父・志ん生のを踏襲しながら、馬生はもっと人物描写を丁寧にして、人間を細かく描き出そうとしている。また、サラリとした一言で、すべてを描いてしまう持ち味を出している。
(C)1975 日本コロムビア株式会社

十代目金原亭馬生 ベスト オブ ベスト 「笠碁」「文七元結」 文七元結(1975/11/7 新橋演舞場稽古場「馬生廓噺の会」より)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。