最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

不動産バブルが来る!?(週刊東洋経済eビジネス新書No.120)

ナレーター: 岩見 聖次
再生時間: 2 時間 16 分

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(Android:アプリバージョン2.40以上、iOS:アプリバージョン3.11以上)

日本橋、丸の内、銀座、品川…、都心で次々と再開発プロジェクトが立ち上がっている。平均賃料も上昇、低金利や円安を背景に不動産投資も活発だ。
 都心と湾岸部ではマンション開発が目白押し、タワーマンションをはじめとした「億ション」は外国人投資家や、富裕層が相続対策に購入しているという。
 郊外マンションも値上がりし、2006~07年のミニバブル期の価格水準を超えた。この活況はいつまで続くのか?

 本誌は『週刊東洋経済』2015年5月23日号掲載の35ページ分を電子化したものです。

©東洋経済新報社 (P)2019 Audible, Inc.

不動産バブルが来る!?(週刊東洋経済eビジネス新書No.120)に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。