最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

ソロモンの偽証 第I部 事件 下

著者: 宮部 みゆき
ナレーター: 羽飼 まり
シリーズ: ソロモンの偽証
再生時間: 13 時間 2 分
カテゴリー: 現代文学
4.7 out of 5 stars (24件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

もう一度 事件を調べてください

クリスマス未明、一人の中学生が転落死した。柏木卓也、14歳。彼の死は、殺人か、自殺か――。作家生活25年の集大成、現代ミステリーの最高峰。

もう一度、事件を調べてください。柏木君を突き落としたのは――。告発状を報じたHBSの報道番組は、厄災の箱を開いた。止まぬ疑心暗鬼。連鎖する悪意。そして、同級生がまた一人、命を落とす。拡大する事件を前に、術なく屈していく大人達に対し、捜査一課の刑事を父に持つ藤野涼子は、級友の死の真相を知るため、ある決断を下す。それは「学校内裁判」という伝説の始まりだった。
©Miyuki Miyabe (P)2019 Audible, Inc.

ソロモンの偽証 第I部 事件 下に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    18
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    18
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    16
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • かねちゃん
  • 2019/12/01

凄い大作!

上巻の公開から随分時間が空いてようやく待望の下巻!まだかまだかと首を長くして待ち焦がれておりました。上巻同様に大満足の内容です。 圧巻のストーリーもさることながら、人間描写にも引き込まれます。流石、現代ミステリーの最高峰と謡われるだけのことはあると感じました。さらにナレーションもお見事。同一人物が朗読してるとは思えないほどの演技力。第二部の公開が待ち遠しくてなりません。 「ソロモンの偽証」は三部作です。 第一部〔事件〕←いまここ 第二部〔決意〕 第三部〔法廷〕

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • マダムM
  • 2020/06/05

宮部みゆきハズレなし

面白いです。Audibleで通勤時聞いてますが、夢中になり出すと家事をやりながらも聞きます。模倣犯もそうですが、人の悪意や闇に押し潰されそうになりますが聞くのをやめられません。ただ、1部が出たあと2部出るまで長過ぎました。何度か本屋に行き、続きを購入しようかと迷ったぐらいです。2部を聞く前におさらいで1部を聞きました(やっぱり聞き入ってしまいました) 続きものは早めに出してください。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • pecosan
  • 2020/05/22

元は単純な話だったはずなのだが

それぞれの勝手な憶測や小さな嘘の積み重ねでどんどん大きな話になって行くのは今もよく起きている話であり 特に全貌を知るのが読者だけというのも語り口として却って先がどう転がるかわからないのが面白い 宮部みゆきらしさがよく出ている作品で先が楽しみです

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 星長春
  • 2020/02/14

幾つもの人間関係が同時並行で進んでいき、やがて真実という一点への収斂が予想される

幾つもの人間関係が同時並行で進んでいき、やがて真実という一点への収斂が予想される。まさに宮部ワールド。 三部を通して主役であろう、多感なミドルティーン藤野涼子と父とのやりとりが一服の清涼剤となっている。 役毎に声を使い分けるナレーションは少々やりすぎ感がある。