最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

墨田区・大川公園で若い女性の右腕とハンドバッグが発見された。やがてバッグの持主は、三ヵ月前に失踪した古川鞠子と判明するが、「犯人」は「右腕は鞠子のものじゃない」という電話をテレビ局にかけたうえ、鞠子の祖父・有馬義男にも接触をはかった。ほどなく鞠子は白骨死体となって見つかった――。未曾有の連続誘拐殺人事件を重層的に描いた現代ミステリの金字塔。(『模倣犯 2』は2019年9月27日配信予定)

©Miyuki Miyabe (P)2019 Audible, Inc.

同じ著者・ナレーターの作品

模倣犯 1に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    102
  • 星4つ
    22
  • 星3つ
    7
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    2
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    98
  • 星4つ
    18
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    2
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    98
  • 星4つ
    16
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    3
  • 星1つ
    3

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • minerva2050
  • 2019/10/15

これは長い長いミステリー、読むより朗読を聴くのがいい

原稿用紙3541枚、単行本上下組約700ページ上下巻、文庫本全4冊著者入魂の最長ミステリー。
著者はあとがきで週刊ポスト誌上で三年余の長期連載、その後加筆改稿に二年、五年がかりの仕事であったと述べている。
連続猟奇殺人の真犯人は?読者もはじめからラストまで緊張が持続する。
読書だとディテールを飛ばして先読みしがちだがオーディブルならナレーションに任せてじっくり味わえる。
聴くのは快適だがこれだけの長編、ナレーターは大変だろうと思った。
登場人物では鞠子の祖父有馬義男が印象深い。
テレビドラマ化されているが原作の感動にははるかに及ばない。


  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ねこ
  • 2019/09/13

続きが待ちきれない!

面白いです。原作の重厚な文章と加藤さんの抑えたナレーションがとても合っています。1巻の終わりの文章が象徴的で美しい。余韻に浸りつつ次巻へ・・。次巻が出るのが待ち遠しい。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Kindleのお客様
  • 2019/12/17

悪いというほどではないが...

よく言えば抑えた演技ですが、棒読みに近い感じです。
作品的に、声優さん並みの大げさなキャラ分けまでは必要ないですが、もう少しそれぞれのキャラクターの色と感情表現を入れてもよかったのではないでしょうか。
登場人物が感情的にしゃべるセリフや、「心の叫び」っぽいト書きの文章を棒読みされると、一気に白けてしまいます。
イントネーション的にも違和感を感じる言葉に、いくつか遭遇した気がします。
そうした細かい点が気になって、集中力をそがれてしまう。

原作(小説版)を何度も読み返した好きな作品ではあるのですが、
4巻目を聞いている途中ですが、つらくなってきました。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • みやこ
  • 2020/08/23

はなしの内容が、思ったよりどんでん返しに度々なり、えっ また、異常なことに発展するの?と、中断できず

期待以上に面白く、二日間にわたり、聞き続けてしまった。
老人の洞察力が、痛快だった。
すごい
老人だと感心した。応援してしまった。
第二巻も続きの内容なのだろうか?好奇心いっぱいだ。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ランボウ
  • 2020/07/18

ディテール

発見者の過去まで遡る肉付が物語に厚みを与えるのが、理由など含めた宮部作品。同じ世界観か広がる。
想像始めると止まらないんだろうなあ、この人は。チーム宮部で漫画家のように作品を量産しているのかは知らないけど、手塚治虫や司馬遼太郎他、昭和の大作家がみなそうであったように、アイディアで頭が洪水状態なのだろう。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Kazu
  • 2020/04/17

面白すぎる

面白すぎる ナレーションも最高で聞き入ります 次号が楽しみです!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ピーカンナッツ
  • 2020/01/07

オーディブルに適した名作

いつかは読みたいと思っていたこの本の世界に、耳からどっぷり浸かっています。ナレーションもバッチリ。これからも楽しみです。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Hdsonuu
  • 2021/08/03

ただのエンタメではないです、多くの方に読んで欲しい傑作

私は感情や行動の理由・原因を探究しがちな傾向があるのですが(多くの人もそうだと思いますが)、そういう人間にとって価値観が一回り広がるような革命的な作品でした。
なんとなくですが宮部先生自身、ご自分に言い聞かせているのではないかな、と思うような場面もありました。
きっと幼すぎても理解できなかっただろうし、価値観の形成が顕著な20代にこの物語に出会えて本当によかったと思っています。

それにしてもこんなにも幅広い視野で物語を紡げることにも驚愕です。
心理描写と例えの用い方も圧倒的で……
意外な展開にはひたすら翻弄され、最後まで一気に聞いてしまいました。
分かりやすい原因があるのではなく、様々な要因や環境が絡んで犯罪者はつくられるということ、しかし同時に、1番の犯罪の動機は拍子抜けするほど単純明快なものなのだ、というリアルな現実の複雑さを描き切った傑作だと思います。
とはいえドラマチックなシーンも多く、エンタメとしても十分楽しめました。

また、ナレーションも非常に素晴らしかったです。
俳優さんの朗読では声がこもっていて聞きづらいことが多く、少し苦労していたのですが…全くストレスなく、さらに演技がとても上手で……最終巻のクライマックスの朗読では鳥肌が止まりませんでした。
また是非このナレーターさんの朗読で宮部作品を聞きたいです!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Kindleのお客様
  • 2021/06/10

目を閉じて小説が楽しめる

76歳、前は色々と本を読む方だったが、視力の衰えと共に活字離れしていた
耳から聴くだけ目で読まなくても話しが判る
久々の小説  目を閉じて居て話しが判る
2巻3巻4巻5巻続きが気になり1日一巻5日で読破した。もう一度一巻を聴く、一巻の登場人物の後々の関わりが良く判る、繋がる
目を閉じて居て小説が読める本当に楽ちんだ
(2から5は活字で読んだ)

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Shino
  • 2021/03/12

面白いけど

全部で5巻もあるんですね。
3巻で完結すると勘違いしてセールの時に購入しました。
そっか…先は長いなぁ…4巻と5巻は普通に購入しないと駄目か…確認しなかった自分も悪いけどね!