最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「吾輩は猫である」の五節は、苦沙弥宅に深夜忍び入った泥棒の目撃談である。深夜忍び入った寒月そっくりの泥棒に、夫婦も女中も熟睡して気が付かず、身の回りのものをごっそり持って行かれてしまった。「吾輩」は一部始終を目撃するも、ろくに注意喚起もできず、役立たずと人間どもから愚物扱いされる。そこで、鼠の一匹も捕ろうと決心するが、逆襲にあってしまった。
(C)2014 wis

「吾輩は猫である(5)」-Wisの朗読シリーズ(61)に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。