最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「九」では、まず先生の痘痕面の由縁を説明し、鏡を見ながら長く伸ばした髪を分け、髭の手入れをする様子をおかしく語る。続いて、郵便の一端を紹介する。先生は、義捐金の呼びかけや裁縫秘術の活版購入の勧誘はうっちゃるが、趣旨不明の難解な手紙は、意味深長な哲理を反映したものとして有難がる。やがて、迷亭が、静岡の伯父を連れて来訪し、苦沙弥先生は、その時代から遅れた老人とのやり取りにどぎまぎする。今度は、巡査がやってきて、いつぞやの山芋泥棒を連れてきた。その日一日を終えての先生の脈絡のない思考を吾輩は手に取るように理解し、紹介する。
(C) 2014 wis

「吾輩は猫である(9)」-Wisの朗読シリーズ(67)に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。