最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「吾輩は猫である」の六節では、苦沙弥邸に出入りする常連の連中と夫婦を交えた様々な珍妙な会話が続く。迷亭の帽子、鋏に蕎麦談義。人を食った若き日の「蛇飯」体験と「失恋」談、寒月の「俳劇」と東風の「詩作」・・・豪傑連の放談は終日続く。
(C)2014 wis

「吾輩は猫である(6)」-Wisの朗読シリーズ(62)に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。