最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「八」では、苦沙弥先生宅の北面に隣接する落雲館中学の生徒たちとの攻防を描く。曰く、「臥竜窟苦沙弥先生と落雲館裏八百の健児との大戦争」。生徒らは、野球ボールをわざと打ち込み、無断で竹垣を越えて入り込んで、騒々しく探し回る。先生がねじ込み、以後、断わってから探すことになったら、日に十数回も大声で断りに来る。数名の来客は、先生に諭す。鈴木の藤さんは、所詮多勢に無勢、金と衆とに従いあきらめろと教え、医者の甘木先生は催眠術で神経をしずめろと助言し、そして哲学者然とした男は、消極的の精神修養で安心を得ろと説法したのだった。
(C) 2014 wis

「吾輩は猫である(8)」-Wisの朗読シリーズ(66)に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。