最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

60 誤判対策室

著者: 石川 智健
ナレーター: 後藤 敦
再生時間: 10 時間 49 分
カテゴリー: ミステリー・ホラー
4.5 out of 5 stars (5件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

老刑事・有馬と、女性検察官・春名、若手弁護士・世良の三名は、「誤判対策室」に配属された。無罪を訴える死刑囚を再調査し、冤罪の可能性を探る組織だ。配属から半年後、有馬は行きつけの飲み屋の女将・綾子から不穏な話を聞く。最近来た二人組の男客が、殺人の犯行を仄めかすような話をしていたというのだ。冤罪事件に関わっているのではないかと有馬は疑い、該当する事件を突き止める。2011年に母親とその子供二人を殺害した罪で、古内博文という男の死刑が裁判員裁判で確定していた。誤判対策室は調査を開始し、綾子が言っていた怪しい二人の内の一人の身元を割り出す。大窪という男が判子詐欺の容疑で捕まったのだ。有馬と世良がその線を調べていくうちに、古内の娘・琴乃が詐欺事件に関わっている可能性が浮かび上がる。しかも、その夫の矢野高虎は、殺人を仄めかしたもう一人の男かもしれないのだ。──迫りくる古内の死刑執行。有馬は警察の取り調べ記録を、春名は検察の証拠品リストを、世良は解剖医の鑑定書を、それぞれ洗い直すとに!
©石川 智健 (P)2019 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • minerva2050
  • 2019/12/08

数字60でイメージできるものは?

数字60でイメージできるものは?例えば定年60歳・・・
著者は何をイメージしてこの小説を書き始めたのだろうか。

刑事有馬、検察官春名、弁護士世良のキャラ立てがうまい。
はじめは穏やかな展開だが段々熱を帯び、終いにはそれぞれ職を賭しての戦いとなり息をのむ。

著者は現在の司法制度に対する強烈なアンチテーゼをじわりじわりと語り始める。

読み始めると止まらない一気読みしかないだろう。
絶対絶命の窮地でこう来るか、その手があるか。

刑事裁判の進め方のお勉強にもなるが、お勉強よりとにかくおもしろい。

気になる人は「綾子さん」
キーワードは「死刑」

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • かねちゃん
  • 2019/11/26

引き込まれました!

このシリーズは「60」と「20」が公開されていますが、私は「20」を先に聴いてしまいました。つまり、「20」の過去を遡った感じです。

「20」も大変面白かったですが、こちらもとても素晴らしいと思います。ストーリーに引き込まれました。

1つだけ残念なのが、ラストが尻切れトンボ的になってしまっている点です。最後まで戦いを描いて欲しかった。でも、「20」を先に聞いているので勝負の行方は想像は出来ますが、その戦う様子を聴きたかったです(^_^;