著者

麻見 和史

1965年千葉県生まれ。立教大学文学部卒業。2006年に『ヴェサリウスの柩』で第16回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。ミステリー要素の強い警察小説を次々と発表している。ドラマ化され人気を博した「警視庁殺人分析班」シリーズに『石の繭』『水晶の鼓動』『蝶の力学』『天空の鏡』など。また、同じくドラマ化された「警視庁文書捜査官」シリーズに『警視庁文書捜査官』『緋色のシグナル』『愚者の檻』などがある。その他の著作として『水葬の迷宮 警視庁特捜7』『深紅の断片 警防課救命チーム』『骸の鍵』ほか多数。日本文藝家協会会員、本格ミステリ作家クラブ会員。 ◆ブログ http://kaz-asami.txt-nifty.com/blog/

続きを読む 一部を表示

Audibleの会員ではありませんか?

無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

ベストセラー

作家さんですか?

この著者ページは、著者ご自身が「Amazon著者セントラル」から更新することができます。著者紹介文や写真の追加、作品一覧の更新など行っていただき、本著者ページの充実にご協力ください。