最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

     <内容紹介>
R市に在る某石油会社の支配人で有名な愛妻家である×国人のJ・P・ロスコー。最愛の夫人は、今年二十四になるマリイ・ロスコー。
そんな、マリイ・ロスコーは大正×年の八月二十何日の土曜日の真夜中にバンガローの中の寝室で絞殺された。また、暴行も加えられた形跡もあった。
その時に、裏手の少し離れた日本家に住んでいたロスコー家のコック兼小使の東作という老人。奇怪にも酒に酔って小さな岩山の上の生い茂った草原の中で眠っていたことが事件の発端だった。
その土曜日の晩に徹夜で仕事をして帰宅した愛妻家のJ・P・ロスコーは、マリイ夫人の死体を見つけ、表へと飛び出した。
その後、内海の波打ち際で気絶しているのを二人の県庁吏員が発見して倫陀病院に連れ込んだ。院長倫陀博士の応急手当てによってJ・P・ロスコーはやっと意識を回復してこれまでの経緯を説明。
思わず涙をこぼしながら号哭した。
 

    そこで、倫陀博士はたった一人の助手である探偵小説好きの弓削という医学士をロスコー家へと向かわせた。相当の好奇心の持ち主で無断で寝室に侵入してマリイ夫人の死体を発見した。
その後、室内を物色し怪しい点を発見した弓削は、岩山で寝ていた東作を連れて倫陀病院へと連れて帰った。S岬西洋婦人絞殺事件は徐々に解決へと向かっていく。
 

    <夢野久作(ゆめの・きゅうさく)>
日本の小説家、SF作家、探偵小説家、幻想文学作家。
1889年(明治22年)1月4日 - 1936年(昭和11年)3月11日。
他の筆名に海若藍平、香倶土三鳥など。現在では、夢久、夢Qなどと呼ばれることもある。福岡県福岡市出身。日本探偵小説三大奇書の一つに数えられる畢生の奇書『ドグラ・マグラ』をはじめ、怪奇色と幻想性の色濃い作風で名高い。またホラー的な作品もある。    

©2018 Pan Rolling

S岬西洋婦人絞殺事件に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 0 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 0 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。