最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

雀蜂

著者: 貴志 祐介
ナレーター: 丸山 雪野
再生時間: 5 時間 36 分
カテゴリー: ミステリー・ホラー
4 out of 5 stars (19件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

雪の山荘に閉じ込められた小説家の安斎を突如襲う、凶悪なスズメバチの群れ。安斎は山荘を生きて出られるのか。最後明らかになる驚愕の真実とは!? ノンストップ・サバイバルホラー、文庫書き下ろしで登場!
(C) Yusuke Kishi 2013, カバー:清野陽平(KADOKAWA)

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    1

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    11
  • 星4つ
    6
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    7
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    1
並べ替え:
  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • おかき
  • 2018/01/09

「大どんでん返し」がすぐにわかってしまう

あからさますぎるプロローグで、じつは●●●ということがわかってしまって「大どんでん返し」に意外性を感じませんでした。
本文中に大袈裟な表現も多すぎて、たいていの読者は●●●にかなり早い段階で気づいてしまうのでは?
これだけ気がつきやすい●●●が何のヒネリもなく「大どんでん返し」としてオチに出てくるので、このことのほ
うにびっくりしました。

200ページないみじかめの作品ですが、この描写いる?というようなところが多くて無駄を感じました。

残念ながら、今までの貴志作品と比べると格段にキレの悪さを感じてしまう作品でした。

4人中2人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

同じ著者・ナレーターの作品