最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

「メロスには政治がわからぬ。けれども邪悪に対しては、人一倍に敏感であった」 メロスは邪智暴虐の王を除かなければならぬと決意する。信実とは空虚な妄想であるという王を見返すために、そして自分を信じて身代わりになっている無二の友の命を救うために己の命を賭けて走る!メロスは日暮れまでに間に合うのか!?信頼すること、信頼にこたえること、大切なことがここにあります。太宰治による短編小説『走れメロス』をオーディオ化しました。信頼と友情の美しさはいつの時代も変わることはありません! (C)2008青空文庫
(C)2008青空文庫

走れメロスに寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。