Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 究極の英語リスニングVol.3 SVL3000語レベルで1万語 (アルク)

  • 著者: アルク
  • ナレーター: アルク
  • 再生時間: 1 時間 11 分
  • 完全版 オーディオブック
  • カテゴリー: 教育・学習, 語学学習
  • 4.5 out of 5 stars (44件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 1,200 で購入

¥ 1,200 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

ハマる人も続出している「究極の英語リスニング」シリーズに、Vol.3が登場です。 本オーディオブックに登場する語彙は、SVL(Standard Vocabulary Listの略。アルクが編集した「標準語彙水準12000」のこと)初・中級の3000語。ネイティブスピーカーは、この3000語を使って「次期大統領の話」や「セレブのゴシップニュース」「取引先との値引き交渉」など、さまざまな複雑な内容を話しています。内容は複雑になっても、使われている単語はどこかで見たことのあるものばかり。聞き取れれば内容は理解できるはずです。 もちろん今回も、聞き取りの難しさを解消するため、次のような工夫を盛り込んでいます。 ■音声のスピード→100WPM(1分間に100語)程度のゆっくりスピードから、165WPM以上のナチュラルスピードまで、さまざまな速さの英文を収録 ■トピックの内容→日常生活や旅行はもちろん、仕事の現場でのやり取りや、ニュース、日本文化の説明など、多様な英文を採用。 とにかく効率よくリスニング力を伸ばしたい、あるいはニュース英語に手を出してみたけど、難しすぎて挫折してしまった――そんな方も楽しみながらリスニングに取り組んでいただけるシリーズです。ぜひ挑戦してみてください!
(C)2009 ALC Press Inc.

究極の英語リスニングVol.3 SVL3000語レベルで1万語 (アルク)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    27
  • 星4つ
    14
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    18
  • 星4つ
    11
  • 星3つ
    6
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    16
  • 星4つ
    11
  • 星3つ
    6
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2019/03/02

過大広告なタイトル

正直、文字もないとわかりづらいよね。
普通にCD付きの本を買って、音声と本を見た方がよいような気も、、

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • さとし
  • 2019/06/29

おもしろい

英文の内容が工夫されていて毎日続けやすいです。難易度に幅があるのもいいですね。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • うろきち
  • 2018/11/22

様々なジャンルに対応

聞いていて面白く、in one's best interest to~等、知らないフレーズの使い方も自然と出来る様になれたらでリスニングとしては、比較的に簡単かと思うので聞いて、覚えて、使える様にしてと何回かやり込んでこれだけのフレーズを使いこなせたら楽しいと思いました。