最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~

ナレーター: 山口 勝平, 羽飼 まり
再生時間: 10 時間 27 分
4.6 out of 5 stars (19件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

シリーズ累計30万部突破!(電子書籍を含む) 「小説家になろう」歴史ジャンル年間1位のボイスブック化!

近江(滋賀)を舞台に、史実に埋もれた、稀代の軍略家が日本史を塗り替える! 信長、秀吉、家康の三英傑を救った唯一人の戦国武将・朽木基綱の生涯を、大胆に描く大河ドラマ誕生!

【あらすじ】
1550年。足利将軍家が三好家に追放され、室町幕府の崩壊が始まった歴史的な年。 近江にある小領地・朽木にわずか2歳にして当主へ就任した少年がいた。 その名は朽木基綱【竹若丸】。実は歴史好きな現代日本人の生まれ変わり。 天下布武に想いを馳せる彼の前には、財政難、人材不足、狡猾な他領の計略など数々の試練が襲いかかる。 だが、歴史を知る基綱は屈しない。圧倒的な知識と交渉術、豪胆さを武器に乱世を駆け抜けていくのだった。
©2017 Israfil (P)2020 Audible, Inc.

淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    14
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    12
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    13
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • しましましっぽ
  • 2020/09/16

期待していたのだけれど声質が残念

期待していた作品です。ストーリーは既に折り紙付きでしたので、あとはナレーションの出来次第と思っていたのですが・・・これは残念な方向に行ってしまったかなと。 戦国IFゆえ男のナレーションでという意向があったのかも知れませんが、少なくとも1巻は幼児、少年期になるので少年の声が出せる女性ナレーターの方が良かったのではと思います。せっかく男女両方のナレーターでやっていくのであれば、主人公+女性キャラ全般と声が低い男性キャラ全般で分けた方が聞き取りやすくなったのでは。 山口勝平さんは本来実力ある声優さんではありますし高い声も出せますが、ずっと高いままで主人公の声をさせるにはやはり無理があると思います。無理に声を絞っているせいで発音や滑舌が悪くなっている箇所が随所にあって聞き苦しいです。絞っているがゆえの鼻づまり感もあって不明瞭になっているところも多々。 我慢すれば聞けるレベルではありますが、好きな作品でなければ止めているところです。せっかくの名シーンで台無し感漂うのは辛い。主人公以外の部分は完璧。主人公だけが・・・その意味で凄く惜しい。 もう少し年齢が上がったら、そこまで声を高くしなくても良くなって絞らなくても良くなって演技も変わってくれるでしょうか。それを期待しておきます。 演技がこのまま変わらないようであれば、どこかで切ることになるかもしれません。聞くだけの媒体ですので、聞き苦しいというのはかなり大きなマイナス要因です。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • ほにゃー
  • 2020/09/21

なろうに歴史なんてジャンルがあるの? へぇ、知らなかったなー。

ナレーターが山口勝平さん? すごい有名どころ使ってるじゃないか! オホホッ、サンプル聞いたら主人公の声がおもいっきり山口勝平さん! 興味深い! 聴いてみるか! と思って買ってみました。 ……次巻が出たら続きも買います。面白すぎる。 ストーリーとしては50代のサラリーマンが戦国大名に転生して 現代知識で清酒や火薬を作って無双するっていう王道なろう小説なんですけど、 wikiで調べてみたところ、この主人公実在人物ですし周りの登場人物らも 若干名前が違えど有名武将ばかり。 登場人物全員頭が良くて格が高いので読んでいて不快感を感じない。 そんな武将たちに主人公が格を見せつけて「クク、なんという者よ!」 「やつめ、恐ろしい童じゃ」みたいに慄かせるのが王道なろうなんですけど うまくその展開に持って行っていて面白い。 実在の地名やら武将やらで戦国の世の戦いをしているんですけど、 いかんせんみんな同じような名前で歴史を知らないと誰が誰だか一切 頭に入ってこないのが珠に瑕。歴史詳しい人の解説つけながら聴きたい。 ナレーターの山口勝平さんも実力を見せつけるかのごとく 老獪な爺から堅物の忍び、主人公の少年と見事に演じ分けており ホントにコレ1人でやってるの? となる。 これが時代劇ががった台詞とよく合ってるんですよ… 特に合戦シーンで声に緊張感を滲ませて「来るぞ、来るぞ、まて、まだだ、まだ、今!鉄砲隊!はなてぇっ!」 って鉄砲隊の実力を見せつけるところ、聴いててゾクゾクしてしまいましたよ。 無茶苦茶よかった。 久しぶりになろう小説Audibleで当たりを引けたので、次巻が楽しみでなりませぬな、殿。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • クロネコ団
  • 2020/09/19

題材は地味だが心躍る。

朽木基綱という武将をこの作品で知りました。小説は読んでいませんが作者の高い分析力がこの小説の面白さを際立たせている。キャストに関しては超一流を起用しており今後楽しみな作品の一つ。秀吉とか信長とかどう演じてもらえるんですかね? 1巻目は幼児なので声を作るのはしようがないとして主人公の年齢に合わせて声のトーンも変わってくると信じたい。何となくアニメ化も考えての声優さんの起用なのかな?という感じはする。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 橋本 健太郎
  • 2020/10/13

オモシロイ!

イキナリ2歳児が武将をまとめ上げるという設定は無理がありますが、当時の時代背景や、駆引きがリアルっぽくて、すんなりその世界に入り込めました。朽木基綱という武将は全く知りませんでしたが、実在の人物像にも興味がわきました。