最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

欧州激動 (週刊東洋経済eビジネス新書 No.124)

ナレーター: 海老塚 久蔵
再生時間: 3 時間 11 分
カテゴリー: 社会・政治
3.5 out of 5 stars (7件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(Android:アプリバージョン2.40以上、iOS:アプリバージョン3.11以上)

言語や民族が異なる28の巨大な連合体「EU」(欧州連合)。GDP全体では米国をしのぐ世界最大の経済圏でありながら、経済は低空飛行を続けている。ギリシャ問題は当面の危機をしのいだものの、独・英・仏のリーダー3国もそれぞれの国内事情を抱えている。ましてやギリシャ、スペイン、イタリア、ポルトガルといった南欧諸国との格差は、EU協調にどのような影響を及ぼすのか。

 また、経済だけでなく15年1月に起こった、フランスの週刊新聞「シャルリー・エブド」へのテロ事件も記憶に新しい。宗教や民族間の共存は可能なのか。逆に混迷を深めるのか。

 本誌では現地ルポを交え、欧州の今を読み解く。



 ・経済優等生のドイツですら、国民の20.3%が貧困状態。

 ・フランス企業の競争力を阻害し、若者の4人に1人が職に就けない現実の背景とは。

 ・英国の政治家・知識人の主張と国民感情との間に大きな隔たり

 ・フィンランド;ノキアの経営失速の衝撃をきっかけに始まった世界最大級のベンチャーイベントとは



 本誌は『週刊東洋経済』2015年3月7日号掲載の46ページ分を電子化したものです。
©東洋経済新報社

カスタマーレビュー

総合評価

  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ceptor
  • 2018/06/14

2015年の欧州情勢

フランスで新聞社が襲撃された事件直後の欧州事情。政治面ばかりではなく、移民問題から出版業界の傾向までトピックが多岐に渡っておもしろい。Nokia凋落後のノルウェーの動きが興味深かった。