最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

新約聖書100問勝負

ナレーター: 佐々木 健
再生時間: 6 時間 29 分
カテゴリー: 歴史・地理研究
4 out of 5 stars (8件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

聖書がわかれば、世界がわかる!
イエスはなぜユダヤ教指導者と対立したのか? ユダはなぜイエスを売ったのか?
イエスは本当に復活したのか?イエスをめぐる謎から、キリスト教が世界宗教に
なるまで、日本人が知っているようで、実はよく知らない「聖書世界」の出来事や
キリスト教の成立過程を、的確な比喩と解説で明快・痛快・爽快に解き明かす。

目次
序 章 旧約聖書の世界
第07問 ユダヤ教が一神教になったのはなぜ?
第13問 イスラエル王国はなぜ南北に分裂したのか?
第15問 ユダヤ人とユダヤ教の関係は?

第1章 イエスという男
第20問 イエスの時代のユダヤはどうなっていたのか?
第28問 イエスの考え方の基本は何?
第30問 ずばり、イエスってどういう人?

第2章 イエスとその弟子たち
第39問 イエスの周りに人が集まってきたのはなぜ?
第45問 ユダは本当にイエスを売ったのか?
第46問 イエスの逮捕から処刑までの間、弟子たちはどうしていたのか?

第3章 天才パウロの登場
第54問 パウロが回心した本当の理由は?
第60問 エルサレム使徒会議って何?
第69問 なぜ十字架信仰が広まったのか?

第4章 新約聖書の成立
第72問 「新約聖書」はいつ頃成立したのか?
第79問 「ローマ人の手紙」が全聖書の扉とされるのはなぜ?
第82問 「ペテロの手紙」は何のために書かれたのか?

第5章 キリスト教とローマ帝国
第86問 キリスト教とローマ帝国の関係はどのようなものだったか?
第95問 第二次ユダヤ戦争は、キリスト教にどういう影響を与えたか?
第97問 「ミラノの勅令」って何?

杉山光男(すぎやま・みつお)
1956年宮城県生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒業。
専攻は原始キリスト教。宗教の歴史的変遷に造詣が深く、編集業の傍ら、歴史ドキュメント、漫画原作など多方面で執筆活動を行う。 主な著書に『信長殺しの犯人は秀吉だった!』(徳間ブックス)『小説KAZE―魔雲関ヶ原の巻』(徳間書店)などがある。

歴史文化100問委員会
歴史と文化の面白さを分かりやすく解き明かすことテーマとする研究者・作家・編集者の集団。なぜ? どうして? という素朴な疑問を重視することを旨とし、100問委員会と名付けた。代表、杉並良太郎。
(C)Mituo Sugiyama

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

ナレーション

  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Klondike
  • 2018/11/13

繰り返し聴く価値あり

知りたい疑問にとてもわかりやすく答えてくれる良書。聖書やキリスト教やその時代背景についての該博な知識をQ&A形式で手際よく整理して読者に伝えてくれる。ナレーションもテーマに合っていて聴きやすい。本書のシリーズがあればぜひAudible化してください。

2人中2人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • force
  • 2018/05/12

エイプリル

ざっと聖書の外観がわかり、とても良いが、いちいち言い方が感じ悪いです。(私はキリスト教徒ではありませんが、表現に悪意を感じてしまいます。きっとジョークのつもりで書いたのでしょうが…。)もう少し公平な内容だったらと、残念に思います。