最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

夜啼きの森

著者: 岩井 志麻子
ナレーター: 安國 愛菜
再生時間: 8 時間 54 分
カテゴリー: ミステリー・ホラー
4.6 out of 5 stars (7件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

暗黒の森の中で銃声とともにこだまするうめき声。「来た。鬼が来たんじゃ」。昭和十三年、岡山県北部で起こった伝説の「三十三人殺傷事件」。おとなしく、利発でええ子だったはずの辰男は、なぜ、前代未聞の凶行へと至ったのか。狂気か? 憤怒か? 怨恨か? 古い村の因習と閉ざされた家族の歪な様相、人間の業と性の深淵を掘り下げながら、満月の晩に異形の「鬼」となって疾駈する主人公を濃密な文体で描き出した戦慄の長編小説。話題の女流作家が切り拓いた圧倒的迫力の新境地!
(C) Shimako IWAI 2005 カバークレジット:清野陽平(KADOKAWA)

夜啼きの森に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • コバ
  • 2018/10/28

繋ぎがおかしい

章と章の間がノータイムで続くので聞きにくい。ラストも最後の一文からノータイムで解説がきて余韻も何もない。数秒空けてほしい。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • 2018/06/21

全く展開が読めない

読みはじめから中盤まで村人の人間関係に注視されいったいこの物語はなんなのだろうと考えていた。 だが端々に何かが引っかかるトゲのようなものがある。 何かとんでもない展開に、いやきっと自分自身それを願ってきたであろうと物語の主人公に感情移入してしまう。 終盤は何処かで聞いたことある事件と瓜二つとなりそこで初めて気づく。 これはフィクションとノンフィクションの融合である 訳のわからぬ前半が全て伏線となる様は痛快である