Audible会員は対象作品が聴き放題、2か月無料体験キャンペーン中

  • 堕落論(小学館の名作文芸朗読)

  • 小学館
  • 著者: 坂口 安吾
  • ナレーター: 遠藤 武
  • 再生時間: 35 分
  • 3.0 out of 5 stars (1件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

2024年2月29日まで2か月無料体験キャンペーン中!詳細はこちらをご確認ください
会員は、12万以上の対象作品が聴き放題、アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『堕落論(小学館の名作文芸朗読)』のカバーアート

堕落論(小学館の名作文芸朗読)

著者: 坂口 安吾
ナレーター: 遠藤 武
2か月間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥ 500 で購入

¥ 500 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

【小学館の名作文芸朗読】 『白痴』などの小説で知られる作家が、終戦後の日本の世相について綴る評論。戦争が終わり、特攻隊の勇士は闇屋になり、未亡人は新たな面影を胸に宿す。人間は、義士も聖女も堕落する。戦争に負けたから堕ちるのではなく、人間だから、生きているから堕ちるのであり、それ以外に人間を救う便利な近道はない。そして人と同じく、日本もまた堕ちることが必要だろう。
Public Domain (P)エイトリンクス

堕落論(小学館の名作文芸朗読)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。