最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

医学部&医者 バブル人気の実情(週刊東洋経済eビジネス新書No.220)

ナレーター: 岩見 聖次
再生時間: 2 時間 23 分
カテゴリー: 社会・政治

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(Android:アプリバージョン2.40以上、iOS:アプリバージョン3.11以上)

弁護士、会計士などの人気が陰る中、医者を志す学生が増加。この10年間で1000万円以上学費を下げる大学も出てきており、一般家庭の子どもの志願者が増えている。医学部ブームはもはやバブルといっても過言ではない。だが、将来的に医者は仕事にあぶれかねない。AI(人工知能)が医療現場に押し寄せ、「内科医や外科医の多くが淘汰される」との声もある。
 はたして医者の地位は安泰なのか。バブル人気の実情を総点検し、医者の仕事の行方を占う。

本書は『週刊東洋経済』2017年6月10日号掲載の34ページ分を電子化したものです。
©東洋経済新報社 (P)2019 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。