最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

公務員試験の「作文・小論文」合格の15ステップ

著者: 鈴木 俊士
ナレーター: 浅岡 あゆ美
再生時間: 1 時間 29 分
カテゴリー: 学習・教育
4.5 out of 5 stars (2件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「作文・小論文は苦手!!」
こんな悩みはありませんか?
そんなあなたの悩みを、この本1冊で解決!

すべての公務員試験の「作文・小論文」の、合格できる書き方をマスターできます。
過去のべ1,800人を内定させた、公務員試験専門の講師が、そのノウハウを惜しみなくつぎ込んだらくらく勉強法オーディオブックです!

  「作文・小論文の4つのフレーム」を身につけ
  一度読んだだけで心に残る
  「作文・小論文」が書ける!!

【この本の内容】
第1章で、公務員試験の「作文・小論文」とはどういうものなのかを説明します。
この章を読むことで、まずは合格点の「作文・小論文」のイメージをインプットしましょう。
次の第2章では、合格する「作文・小論文」の書き方のルールを明示します。
文章を書くときの常識や、原稿用紙の使い方など基礎事項から学ぶことができます。
また時間配分のやり方も解説します。
第3章では、実際に「作文・小論文」を書く方法を伝えます。
文章を書くのが苦手な人でも「作文・小論文の4つのフレーム」を身につけることで、
合格点の「作文・小論文」を完成させることができます。
書き手の心構えの側面からもアドバイスします。
第4章では「作文・小論文」を書くために欠かせない文章上達法を紹介します。
受験だけでなく、仕事についてからも無駄にはならないはずです。

  さらに試験前日に読み返せる、
  「おまけのチェックポイント10」付!!

【らくらく3つのメリット】

1.耳からの記憶力が高い!
2.繰り返し勉強できる!
3.通学、通勤中に勉強ができる!
さらに必要な情報が自然に入ってくる、3倍速付。
もちろん、高校、大学、就職試験にも役立てることができます。

【著者プロフィール】
鈴木 俊士
シグマ・ライセンス・スクール浜松 塾長。
静岡県立浜松北高校、明治大学商学部卒。卒業後は西武百貨店に就職。係長時代は連続47か月予算を達成、社長賞はじめ事業部長賞などを数多く受賞する。その後独立起業して公務員受験専門校「シグマ・ライセンス・スクール浜松」を地元浜松に開校する。
定員25名という少人数制をとり、「筆記試験対策」、「作文対策」、「面接対策」と合格のために必要なノウハウを徹底的に教え込む。結果、開校からの18年間で、のべ合格者数は1800人を突破。筆記試験に関しては100%の合格率を誇る(平成17~24年の8年間)。
こうした圧倒的な実績とキメ細やかな教育により口コミが口コミを呼び、「本気で公務員になりたい!」という人が全国各地からシグマの門を叩いている。『合格率100%のカリスマ講師が教える公務員試験の勉強法』(中経出版)の他、携帯アプリ『公務員試験・らくらく聞くだけ勉強法シリーズ』、オーディオブック『公務員試験・らくらく聞くだけ勉強法シリーズ』など多数の教材を開発している。
(C)鈴木俊士 2016

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • shunyan
  • 2018/03/28

公務員試験に関係なく、文章が苦手な人は是非読むべき

文章力がない私が文章に関するもののレビューを書くのは恐縮なのですが、とてもためになったので書かせていただきます。
この本では、公務員試験における、文章の書き方の基本が、無駄のない形で表わされています。「冷静に相手を説得するのが目的」「採点官が作文者と一緒に仕事をしたいと思うか」「読み手に感謝の気持ちを伝えられているか」などの根本的な姿勢から、「文章は4分割で」「あなたならではのエピソードを交えて」「失敗談から始まる成功物語が読み手に共感を得やすい」などの具体的なテクニックまで簡潔にわかりやすく教えてくれます。
さらに、その練習方法も「とにかく書き始めればその書き始めを基にペンが走り出す」「書けたものを恋人に読んでもらう」「新聞のコラムの要約から始めよう」「音読してみる」「推敲の積み重ねが深い文章を生み出す」など読んだ人がすぐに取り掛かりやすいことを書いてくださって、文章を書くのが恐怖の中年男性である私でさえ、レビューを書こうと思ってしまいました。
文章を書くのが苦手な人は、公務員試験とか関係なく読んだ方がいいと思います。この出会いに感謝感激雨あられ。なおレビュー中のカギカッコは、私のうろ覚えで、なんとなくな引用です。悪しからず。