最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

森口慶次郎は酒問屋の寮の寮番である。とはいえ庭掃除をすれば松の枝を折り、包丁を握れば指を切り、先輩の左七を呆れさせてばかりいる。その合間には元同心としての腕をいかして他人の世話をやく。秘密を抱えた札差の番頭。信条を持つ空巣狙い。将来に惑う武家の伜達。ふとすれ違った娘が異様な様子をしていれば見過ごせない・・ そうやって、心に傷を抱いて過ごす長い一日を、生きていく── 慶次郎縁側日記シリーズ(1)その夜の雪|律義者|似たものどうし|傷|春の出来事|腹痛の妙薬|片付け上手|座右の銘|早春の歌|似ている女|饅頭の皮.収録
(C) ことのは出版株式会社

傷に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。