最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

江戸の町で起こる様々な事件を、元同心の森口慶次郎が鮮やかに解決する時代推理小説「慶次郎縁側日記」シリーズより。“蝮の吉次”にスポットライトがあたる一篇です。(時代小説)
(C) ことのは出版

似たものどうし (慶次郎縁側日記より)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Most
  • 2018/07/26

嫌われ者の岡っ引き

妹夫婦のもとに居候する厄介者の岡っ引き。どうしようもない男のようで、徐々にその胸の深いところにしまわれた優しさや、やるさなさが見えてくる。後味のいい作品です。