Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 今、出来る、精一杯。

  • (小学館)
  • 著者: 根本 宗子
  • ナレーター: 根本 宗子
  • 再生時間: 4 時間 49 分
  • 完全版 オーディオブック
  • カテゴリー: 文学・フィクション
  • 3.9 out of 5 stars (82件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 2,500 で購入

¥ 2,500 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。

あらすじ・解説

【著者本人朗読】東京都三鷹市のスーパーマーケット「ママズキッチン」で働く人々は皆どこかヘン。しかしもっとおかしいのは毎日この店を訪れ「お弁当をタダでくれ」を叫ぶ車椅子に座る女だった……「演劇界の異才」が届ける初小説!

©2022 Nemoto Shuko (P)2022 Audible, Inc.

今、出来る、精一杯。に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    37
  • 星4つ
    17
  • 星3つ
    14
  • 星2つ
    7
  • 星1つ
    7
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    38
  • 星4つ
    18
  • 星3つ
    11
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    3
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    30
  • 星4つ
    17
  • 星3つ
    12
  • 星2つ
    6
  • 星1つ
    7

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2022/04/28

「ことばにできる」ことは凄い

ありがちな現代劇のようにも感じるけれど、著者によるナレーションということもあるのか真実味がより一層感じられて「ことばにできる」というのは凄いことだなと感じた。

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • fool
  • 2022/05/17

大半の人にはあわないと思います

最初の30分きいてつまらなかったら、聴くのをやめたほうがいいです。
延々とそんな感じです。おもしろくはなりません。

キモい登場人物がキモい物語を演じる話。
ストーリーといえる内容でもなく、ただただひたすらキモい。
時間のムダというレベルではなく、マイナスという感じです。

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • レビュア
  • 2022/05/15

登場人物全員無能。手帳持ち大合戦!にタイトル変更が必要だと思う

心から面白くない
誰に向けた小説なのだろうか?
底辺と無能の織りなす陰湿なバトルに心躍るやついるのか?
確実に後悔しますので読まないことをおすすめします

  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • あぞまんかたすまー
  • 2022/05/11

かなりの鬱展開で気が滅入る

どこか病んでいる人、闇を抱えている人視点の話が延々と続き、それを朗読者さんがリアルに表現してくるので聴いていて気が滅入ってくる。

少なくとも、先の展開を気にしながら楽しく聴きたい人には向かないと思います。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • はるまき
  • 2022/05/08

人の、自分の面倒くささ、

特にラストのたたみ込みが、凄い。登場人物、皆んな面倒臭くて、愛おしい。自分の面倒くささも、許せる様な気持ちになりました。自分を愛せないのは、目の前の事から目を逸らしているからなのか、不器用でもそれを認める事からと、思わせてくれる作品。作者の朗読も秀逸。根本さんのお芝居も是非、観たい!

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • Kindleのお客様
  • 2022/05/07

悪い意味でのリアル

若干三名以外全員クズ。ある程度社会との関わり合いを持って生きていれば知り合ってしまう、「話の通じない人」の描き方がリアル。終盤、怒涛のように点と点が線で結ばれるのは良かったです。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 斉藤 恭央
  • 2022/05/01

それぞれの想い

一つのスーパーの舞台に登場する人の人間模様を細かく描写しています。それぞれの人の想いが交差していくのだけど、一人として完璧な人などいなくて、どこかに欠点を抱えながら、それを補おうと試行錯誤していっているのがわかります。
この作品を読んで、現代に生きるのは辛いことだと感じる。その中でもがきながら人との繋がりを求めていくのでしょう。