最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

内閣全員、英雄――。
コロナを収束させ、信頼を取り戻せ!

2020年。
新型コロナの初期対応を誤った日本の首相官邸でクラスターが発生。
あろうことか総理が感染し、死亡する。
国民は政府を何も信頼しなくなり、日本はかつてないほどの混乱の極みに陥った。
そこで政府はかねてから画策していたAIとホログラムにより偉人たちを復活させ最強内閣をつくる計画を実行する。

AIにより総理大臣に選ばれたのは、江戸幕府の創始者である徳川家康。
経済産業大臣には織田信長、財務大臣に豊臣秀吉、厚生労働大臣に徳川綱吉、法務大臣に北条政子、外務大臣に足利義満など錚々そうそうたるメンバーの中で、
皮肉にも総理大臣の補佐役である官房長官に選ばれたのは、江戸幕府を終わらせた男・坂本龍馬だった。

そんな歴史に名を刻む面々で組閣された最強内閣は、迅速な意思決定で、
東京ロックダウン、50万円給付金、リモート国会、令和版楽市楽座、リモート万博など、大胆な政策を次々と実行していく。
最初は「過去の人間に政治ができるのか」と半信半疑だった国民も、偉人たちのえげつない決断力と実行力に次第に歓喜し、酔いしれていくが……。

時代を超えたオールスターは未曾有の危機にどう立ち向かうのか!?
そして、ミッションを果たした先に待ち受けていたものとは……!?

ビジネス、歴史、政治、ミステリー、
あらゆるジャンルと時代の垣根を超えた教養溢れる
新感覚エンターテインメント!!


【目次より】
第1部 最強内閣、始動。
1 東京をロックダウンせよ! 最初にやるべきこと
2 龍馬と秀吉の記者会見  将(リーダー)たるもの
3 国民に50万円を10日で配る方法 秀吉と三成の最強のPDCA
4 独裁者、信長の交渉  国の借金、どうする?
5 この国が罹っているほんとうの病  どれだけ優れた仕組みも必ず綻ぶ
6 リモート国会と歌舞伎町再編計画  人を動かすということ
7 リモート万博開催 ウイルスより怖いもの
8 北条政子の演説と解散総選挙 言葉は刀である

第2部 この国のリーダーに相応しいのは誰だ。
 9 失踪
10 経済か命か
11 令和版“楽市楽座”
12 獏を探せ
13 対立
14 信長の野望
15 綱吉と吉宗
16 戦いを訴える
17 論争巻き起こる
18 暗殺
19 攘夷
20 敵はスペード
21 天下分け目の対決
22 日米首脳会談
23 賢者の意思
24 別れ
©2021 Akihito Manabe (P)2021 Sunmark Publishing, Inc.

ビジネス小説 もしも徳川家康が総理大臣になったらに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    8
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • Aviator
  • 2021/07/10

前半は良かった

想像する歴史の英傑達が、現代に蘇り数々の問題を話し合う。歴史ファンにとってこれほど熱い展開は無いです。
信長、秀吉、家康の三英傑だけではなく、足利義満、楠木正成、北条政子、大久保利通と、誰もが知る日本史のヒーロー達が一同に会して、話し合いをしています。時代は違えどその時代の日本全体を揺るがした人間力で、どれほど日本や世界を変えて行くのかとワクワクしながら聴きました。

しかし、後半の犯人探しのようなミステリー要素と、ヒロインの恋愛要素は不要かなと思いました。いきなりありきたりの小説に落ちてしまった感じです。

前半と最後の家康の演説だけは、今後も数回リピート再生しようと思います。

あと、ナレーションは上手ですが、女性キャラは女性に読んで欲しいですね。女性達が頻繁に登場するので、男性の声では無理があります。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • 国語教師σ^_^;
  • 2021/07/11

発想と演出が最高

 戦国武将ら日本史の偉人らが、徳川家康総理大臣を筆頭に、「最強内閣」を組み、コロナに立ち向かう。この突飛な発想が、徐々に突飛に感じなくなってくる。「最強内閣」がコロナに対する対策を打ち出していくのだが、この政策が的確なのと、閣僚の個性と政策がうまく一致していて、不思議な説得力がある。坂本龍馬官房長官が、国民にロックダウンを宣言したとき、マスコミに対して、「おまんらもこれを報じたら、大人しく屋敷に帰れ。」と言い渡す場面などは、龍馬らしいと思わせる場面だ。こうした演出が、最強内閣にリアリティーを持たせていく。
 ラストのクライマックスは、ちょっと無理があり残念だったが、トータルして、とても楽しめる作品だった。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2021/07/10

娯楽小説として楽しい

タイムリーなストーリーで一気に読了しました
また読みたいと思う作品ではありませんが娯楽小説として楽しめました

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • アラフィフ読書ライター
  • 2021/07/21

紙の本も購入しました!

今年1番面白かった本でした。紙の本も購入しました。エンターテイメント小説と言うだけでなく、感銘を受けたシーンもありました。主人にも絶対に読んだ方が良いと勧めたほどです!

  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • にこ
  • 2021/07/19

歴史好きにはいいかも

歴史に詳しい方は楽しめると思いますが、私の好みではありませんでした。オーディブルでなければ途中で挫折したと思います。