最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の短編童話。生前未発表。ツェねずみは、周りのものに有益な情報をもらうのだが、情報に従うと損ばかりする。そのことについて提供者に弁償を求めることが当たり前だと考えていた。求められた方はたまらないので、ツェねずみを相手にしなくなった。ツェねずみは、ねずみ捕りと仲良くなろうとする。ねずみの過剰とも思える被害者意識、それは権利主張社会への警鐘であろう。
©Public Domain (P)Roundemy Co., Ltd.

ツェねずみに寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。