最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

大正~昭和期の童話作家、詩人である宮沢賢治の短編童話。初出は尾形亀助編「月曜」創刊号[1926(大正15)年]。地主のオツペルのところへ白い像がやってきた。オツペルは、象に鎖をつけて働かせることにする。オツペルの要求はだんだんエスカレートするので、困り果てた象は、仲間へ手紙を書いて助けを求めた。一斉に仲間がやってきて、象は救われ、オツペルは踏み潰されてしまう。平易な言葉の中のオノマトピアは圧倒的な力で読む者に迫ってくる。
©Public Domain (P)Roundemy Co., Ltd.

オツベルと象に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。