最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

ずうのめ人形

著者: 澤村 伊智
ナレーター: 安斉 一博
再生時間: 11 時間 18 分
カテゴリー: ミステリー・ホラー
4 out of 5 stars (17件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

オカルト雑誌でアルバイトとして働く藤間は、校了間際に音信不通になったライターの湯水を探すために同僚の岩田とともに自宅を訪れる。そこで2人が発見したのは、顔中に“糸”のような引っかき傷をつけ、目を自ら抉り出した状態で死んでいる湯水の姿だった。1週間後、葬儀を終えた藤間は岩田からある原稿のコピーを押し付けられる。それは、亡くなった湯水の部屋に遺されていた手書きの原稿だった。湯水の死の原因はこれにあるはずだと言われた藤間は半信半疑でその原稿を読み始める。原稿に出てくる「ずうのめ人形」という不気味な都市伝説、それと対応するように藤間の周辺に現れる顔中を“糸”で覆われた喪服の人形。迫り来る怪異をふせぐため、藤間は湯水の後任ライターである野崎と彼の婚約者であり霊能力者の真琴に原稿のことを相談するが……。はたしてこの物語は、「ホンモノ」なのか。迫りくる恐怖を描くノンストップエンタテインメント!

©Ichi Sawamura 2016 (P)- KADOKAWA

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    10
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    2

ナレーション

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    10
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    2

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    9
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    2

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • かねちゃん
  • 2020/01/16

ノイズは演出効果(レビュー変更)

途中からノイズが入っておりナレーションが聞き取れず返品致したのですが、カスタマーからの説明でノイズは演出効果であることを知り、再購入しました。

ノイズの部分は、作中に出てくる呪いの原稿の文字が読めなくなっている部分の演出効果であることがわかり納得しました。商品説明にその旨を書いておくべきであると意見を出しました。

最後まで聴いてみたら、あっと驚く結末で、とても面白かったです!

星1つから星5つに昇格です(笑)

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • pecosan
  • 2020/01/30

「ずうのめ人形」とは何か?

前作の「ぼぎわん」とは何か?に通づるタイトルが核となるホラー小説
ナレーションが素晴らしく、ぞっとするシーンが多い本作ですが
特にホラー的な描写よりも現実の側の方が怖く、それがまた...

最後まで読み終わったら、また最初から読み直したくなりますね
「リング」もネタの一つに使われている本作
つまり、この小説は...