最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

D坂の殺人事件

著者: 江戸川 乱歩
ナレーター: 新居 祐一
再生時間: 1 時間 20 分
カテゴリー: ミステリー・ホラー
4 out of 5 stars (7件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

1924年(大正13年)に発表された江戸川乱歩の本格探偵小説。それは九月初旬のある蒸し暑い晩のことであった。私は、D坂の大通りの中程にある、白梅軒という、行きつけのカフェで、冷しコーヒーを啜(すす)っていた。当時私は、学校を出たばかりで、まだこれという職業もなく、下宿屋にゴロゴロして本でも読んでいるか、それに飽ると、当てどもなく散歩に出て、あまり費用のかからぬカフェ廻りをやる位が、毎日の日課だった。この白梅軒というのは、下宿屋から近くもあり、どこへ散歩するにも、必ずその前を通る様な位置にあったので、随(したが)って一番よく出入した訳であったが、私という男は悪い癖で、カフェに入るとどうも長尻(ながっちり)になる。それも、元来食慾の少い方なので、一つは嚢中(のうちゅう)の乏しいせいもあってだが、洋食一皿注文するでなく、安いコーヒーを二杯も三杯もお代りして、一時間も二時間もじっとしているのだ。そうかといって、別段、ウエトレスに思召(おぼしめし)があったり、からかったりする訳ではない。まあ、下宿より何となく派手で、居心地がいいのだろう。私はその晩も、例によって、一杯の冷しコーヒーを十分もかかって飲みながら、いつもの往来に面したテーブルに陣取って、ボンヤリ窓の外を眺めていた――
℗RRJ Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • ceptor
  • 2018/07/18

割と脳科学

明智小五郎登場。ふんふんと納得。海外の探偵小説のタイトルがいくつか出てきて、スペクルド・バンド( まだらの紐)など、当時はまだ定訳がなかったのかな、と興味深かったです。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2018/02/26

粋な感じ

推理が粋な感じで面白いけど、和洋折衷な用語も使われてて回りくどいような気もしましたが、最近にない書き方で古い物が新鮮に感じる短編でした。