最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「マー君。これからお母さんと一緒にたくさん冒険しましょうね」夢にまでみたゲーム世界に転送された高校生、大好真人だが、なぜか真人を溺愛する母親の真々子も付いてきて!? 母親同伴の新感覚冒険コメディ開幕!
※本作品は富士見ファンタジア文庫「通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?」を分冊し、第三章/第四章/第五章/エピローグを収録したものです。
(C)Dachima Inaka, Iida Pochi 2017

通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 下に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    36
  • 星4つ
    24
  • 星3つ
    10
  • 星2つ
    4
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    56
  • 星4つ
    9
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    24
  • 星4つ
    21
  • 星3つ
    14
  • 星2つ
    5
  • 星1つ
    3

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Kindleユーザー
  • 2018/04/10

茅野さん本当に凄い。感服。

朗読の域を完全に脱した一人全役です。 これからも頑張ってください。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • いもざる
  • 2018/03/13

巧みすぎだろ

茅野さん劇場、素晴らし過ぎ どのキャラにも萌える(笑)

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • 呉尚次
  • 2018/10/17

上巻を超える演じ分け(音飛びの不具合あり?)

登場人物が増えたことでナレーターの演じ分けパターンが凄いことに。 少年(主人公)、母、少女1、少女2、ナビゲーター、敵役とメインを挙げても6役。 これに通常のナレーション声が入るから実質7通り。「七色の声とか虹かよ」というレベル。 これを容易に聞き分け可能な個性で表現しきっているのだから、さすがに本職はレベルが違います。 収録時間も5時間近く、これだけのクオリティで聞かせてくれるなら月額の1500円はペイできるかも。 下手なドラマCD買うより満足度は高いでしょう。 序盤、ちょっと険悪ムードが漂い会話の内容が刺々しくなってるので、そこは少し評価が分かれるかも。 ナレ―ションと演技を明るく楽しく聞きたいという層がどう反応するかですね。 ※音飛びについて 私の環境のせいかもしれませんが、chapter4(第4章)の7:07あたりで明らかに音飛びのような現象が起きました。 ダウンロードしたファイルで聞いても、一度端末から消して再取得しても、クラウド上のファイルで聞いても同様。 いきなり声が途切れて、前後のつながりが分からない次の音が始まる感じ。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Kiririn
  • 2019/06/08

母親の有り難みが分かるそんな作品、知らんけど。

ラノベでお母さんが題材というインパクトのある作品なので思わず手に取りたくなる人が多いと思います。 インパクトだけでなく内容も思いの外しっかりしていたので友人に進めたくなりました。 あとかやのん最高! 祝アニメ化!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • chaian
  • 2018/06/24

ポータかわいい

楽しかった。 ラノベ聴いててニヤける事ってそうはないので。 声の使い分けがもう、アニメを見ているよう。