Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 2,000 で購入

¥ 2,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。

あらすじ・解説

上方講談 古典怪談の世界
近年、注目を浴びている、日本の伝統話芸「講談」。
「冬は義士 夏はおばけで飯を喰い」と川柳に詠まれたほど、 講談師は夏になると怪談を語ってきている。

クーラーのなかった時代、観客は講談師の語る世界に身をゆだね、 背筋を凍らせ、暑い夏を忘れた。

講談師の旭堂南湖が贈る古典怪談。
故きを温ねて新しきを知る。
名調子で語る「日本の怪談」ここにあり。

内容紹介
佐賀怪猫伝「その十一 石田来助」(35分)
肥前国、佐賀の在。宇佐美村の百姓、宇右衛門の娘お豊。天性の美貌。鍋島家の藩士、白井覚蔵の養女となり、行儀作法からお茶、お花と磨きをかけると、絶世の美人。家中の評判となりまして、殿様に目通りをする。ついには殿様の側室となりました。
お豊が側室になると白井覚蔵は百石のご加増となる。いい娘は持ちたいもの。兄の林蔵も佐賀の城内に呼び出され、宇佐美林蔵という侍が出来上がった。
足軽小頭として、ご奉公することになった。お豊は梅の御殿という立派な御殿を建て、お豊の方となる。お豊の方はしとやかで、おだやかな性格であったが、江戸から帰ってくると、どういうわけか性格が乱暴になった。さあ、どうなる?

佐賀怪猫伝「その十二 伊東惣太」(26分)
さて、怪猫のために妻と母を食い殺された鍋島家の勇士、小森半左衛門。
それに高木三平、二人は毎日出歩いてはお豊を調べる。やはり以前のお豊とは違い、調べれば調べるほど怪しい。この証拠をつかむにはどうしても城内に入り込まねばならん。
小森は表向き、殿様のお手討ちになっている体であるから、目立つことはできない。
そこで家老に頼んで、高木三平を鳩組の足軽部屋に入れて、城内の様子、特に梅の御殿の様子を探ることになった。小森は、
「こうなれば神仏の加護を願うより他はない」
と滝尾山、滝尾大権現にお参りして、鍋島家の魔性退散を祈念する。
ここで一人の勇士に出会う。それが伊東惣太。

佐賀怪猫伝「その十三 雨夜の幽霊」(30分)
佐賀怪猫伝「その十四 佐藤の猫塚」(26分)
©2021 Nanko kyokudou

講談 古典怪異譚 六に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。