最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

鬼平にさんざんに邪魔された蛇の平十郎は、長谷川平蔵宣以の鼻をあかすまでは、江戸を離れないと意地になっていた。
その蛇の平十郎は医師の千賀道栄の家に目を付けた。
前の田沼時代に、金を貯め込んでおり、そこから金を盗るつもりで押し込みに入ったが・・・。
©ことのは出版

蛇の眼に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。